PureCloud for Salesforce 概要をPureCloudした高速販売


注意:この記事は、PureCloud for Salesforceに適用されます。

前提条件

  • 高速販売 Salesforce組織で有効になっています。Salesforce問い合わせください。

PureCloud for SalesforceとLightning ExperienceのSalesforce High Velocity Salesアプリとの統合を使用して、ブランチステップを含むセールスケイデンスを含む、セールスケイデンスのステップを通じてエージェントの進捗を自動化できます。Salesforceでブランチの通話結果を定義し、それらをPureCloud ラップアップ コードとしてPureCloudキューにPureCloudます。

エージェントはからコールワークフローを開始します クリックしてダイヤルSalesforceセールスケイデンスの取引先責任者、リード、または個人取引先のボタンをクリックしてから、クライアントで電話をかけます。エージェントがキューの代わりにコールを発信し、コールにマッピングされたラップアップ コードを使用してセールスケイデンスで結果が得られた場合、統合によりブランチステップの進行状況が期待どおりに追跡されます。エージェントがキューに代わって電話をかけない場合、または通話結果にマッピングされたラップアップ コード使用しない場合は、セールスケイデンスのブランチステップで統合が行われます。

次の例では、エージェントが呼び出されたクライアントでラップアップ コードを選択した場合 後でかけ直すの場合、統合により、セールスケイデンスに基づいて、インタラクションが別のコールにルーティングされます。エージェントが呼び出されたラップアップ コード選択しない場合 後でかけ直す、その後、統合は カスタムステップ セールスケイデンスで。

分岐のコール結果が定義されたSalesforceセールスケイデンス

設定と使用の詳細については、次を参照してください。 PureCloud for SalesforceおよびPureCloud for High Velocity Salesを構成するそして High Velocity Salesで電話をかける.

統合について詳しくは、以下を参照してください。 SalesforceのPureCloudについて