ID による KnowledgeBaseDocument の検索により、ナレッジ ベースの記事を動的に参照し、IVR 実行時に文字列 ID に基づいてその記事を検索できるようになります。 たとえば、この関数を使用して記事の参照を取得します。 次に、記事の参照をナレッジ記事を表示アクション記事を発表する。

関数を構成するには、次のいずれかの式を使用します。

  • ナレッジベースドキュメントをIDで検索(“記事IDをここに入力「) : ナレッジ ベース ドキュメント ID からナレッジ ベース ドキュメントを検索し、見つかった場合は KnowledgeBaseDocument 値を返します。
  • FindKnowledgeBaseDocumentById(NOT_SET): NOT_SET 入力値に対して NOT_SET KnowledgeBaseDocument を返します。