データ アクションを使用した AWS Lambda 関数の例

注意:この記事はAWS Lambdaデータアクション統合に適用されます。

次のコンテンツには、AWS Lambda関数の例と、その関数を実行するデータアクションが含まれています。

  1. この.zipファイルをダウンロード: ラムダプロジェクト例.

    .zipファイルには、次の項目が含まれます。

    • AWSのNode.js 12.x Lambdaで使用するサンプルコード(.js)。
    • サンプル データ アクション(.json)。
  2. AWSアカウントでは、次の手順に従ってください。
    1. サンプルコード(.js)を使用してAWS Lambda関数を作成します。

      詳細については、 コンソールでLambda関数を作成する AWSドキュメントで。

    2. 新しいLambda関数を呼び出す役割を作成します。

      詳細については、以下を参照してください。 AWS Lambda関数を呼び出すIAMリソースを作成する.

    3. AWS Lambda ARNをメモします。

      手順3cでこの情報を使用して、 リクエストURLテンプレート関数を呼び出すデータ アクション。詳細については、以下を参照してください。統合のカスタムアクションに構成を追加

  3. Genesys Cloudでは、以下の手順に従ってください。
    1. AWS Lambdaデータアクションの統合を作成します。

      詳細については、 データアクション統合を追加する

    2. データアクション(.json)をAWS Lambdaデータアクション統合にインポートします。

      このデータ アクションでは、2 つの入力が使用されます。1 つの入力が Lambda 呼び出しの本文内に送信されます。もう1つはヘッダーとして送信され、Lambdaコンテキストに表示されます。詳細については、以下を参照してください。 統合用のデータアクションをインポートまたはエクスポートする.

    3. 更新 依頼Urlテンプレート >AWS Lambda関数のARNで。
    4. テストモードを使用して、アクションをテストします。

      すべてが正しく構成されている場合、入力がエコーバックするhelloメッセージが表示されます。詳細については、 統合のテストデータアクション

詳細については、 AWS Lambdaデータアクション統合について.