ソースCSVファイル内のデータを処理する


外部の連絡先

連絡先IDは必須のキーフィールドです。PureCloudのインポートプロセスはそれを使用して固有の連絡先を決定します。同じスプレッドシートを使用して既存の連絡先を簡単に更新できるように、連絡先を識別するのに役立ちます。インポートプロセスでは、一意の連絡先IDごとに1つのPureCloud外部連絡先レコードが作成されます。インポートプロセスでは、行のすべてのContact フィールドが対応するPureCloud 外部連絡先のレコードにインポートされます。

bulk33

連絡先IDを作成するときは、文字と数字の任意の組み合わせを使用できます。たとえば、CRMまたはERPシステムからの一意の識別子を使用できます。できます を建てる あなたにとって意味のある複合キー。レコードを一意に識別するために使用する任意のIDにすることができます。

レコードを1回だけインポートする予定の場合は、必要な外部IDを使用できます。システムは、これらの外部IDに対応するように内部IDを生成します。

スプレッドシートを使用して以前に連絡先をインポートし、レコードを変更または更新する場合は、必ず既存の連絡先に同じ連絡先IDを使用してください。

たとえば、1つのレコードを含むスプレッドシートがあり、Aを連絡先IDとしてインポートしたとします。その後、同じスプレッドシートを再インポートしてそのレコードを更新する場合、そのレコードの連絡先IDは前回のインポートと同じである必要があります。代わりに、そのレコードの連絡先IDとしてBを使用してスプレッドシートを再インポートすると、PureCloudは既存のレコードを更新する代わりに新しいレコードを作成します。

外部組織

TアカウントID それは インポートプロセスが一意の組織を決定するために使用するキーフィールド インポートプロセスでは、一意のアカウントIDごとに1つのPureCloud外部組織レコードが作成されます。インポートプロセスでは、行のすべてのaccount フィールドが対応するPureCloud 外部組織のレコードにインポートされます。

bulk32

アカウントIDを作成するときは、文字と数字の任意の組み合わせを使用できます。意味のある複合キーを作成することができます。

外部連絡先を外部組織と関連付ける

外部連絡先を外部組織と関連付けるには、CSVソースファイルの同じ行にそれらを入力します。

メモ:次の例では、一部のフィールドのサイズが変更または非表示になっています。

この例では、Kathryn SmithがOffice Martのバイヤーです。インポートプロセスでは、Office Martの外部組織のレコードとKathryn Smithの外部連絡先のレコードが作成されます。外部連絡先では、Kathryn SmithがOffice Mart組織の外部連絡先として表示されます。

bulk34

複数の外部を関連付ける との連絡 外部の 組織

複数の外部連絡先を1つに関連付ける 外部の 組織では、それらすべてに同じアカウントIDを割り当てます。

メモ 次の例では、一部のフィールドがサイズ変更または非表示になっています。

この例では、Kathryn、Josh、およびRebeccaは、すべてOffice Mart組織の連絡先です。

bulk35

注意:

インポートプロセスで、同じアカウントIDを持つ複数の行が検出された場合、アカウントデータはすべてのフィールドで同じであると想定されます。たとえば、アカウント名は、同じアカウントIDを持つすべての行で同じである必要があります。複数の行に同じアカウントIDがある場合、インポートプロセスでは、アカウントデータの1つの行のみがインポートされます。どの行のアカウントデータがインポートされるのかを保証するものではありません。アカウントの行セットの最初または最後の行である必要はありません。したがって、アカウント データのすべての行は同一でなければなりません。