予測を追加

今週の前後26週間までを予測する週を選択できます。

メモ: 
  • 自動最適法選択予測法では、ベストプラクティス、外れ値の検出、欠損データの数学的修正、および高度な時系列予測手法を使用して、できるだけ低い誤差で個々の予測を作成します。 加重履歴索引方式とは異なり、自動最適方式選択オプションは、使用可能なすべての履歴データを使用します。
  • ソースデータのインポートで加重履歴インデックスを選択する場合:
    • システムの履歴データを使用せずに、インポートするファイルを選択できます。
    • 月曜日の予測では、最大8つのソース日、たとえば最大8つの履歴月曜日が可能です。
    • この方法を使用すると、システムはインポートされたデータを予測日のソース日としてマッピングします。 その結果、加重履歴データオプションになります。 インポートデータ方式と加重履歴インデックス方式の唯一の違いは、システムが元データの日のデータを取得するところです。
  • スケジュールでの短期予測の使用については、を参照してください。 負荷ベースのスケジュールを生成する.

短期予測を作成するには、次の手順を実行します。

  1. 管理をクリックします。
  2. 人員管理予測をクリックします。
  3. 右上隅で、 事業単位リストと 目的の管理単位を選択します.
  4. データを表示するタイムゾーンを変更するには、右上隅で現在のタイムゾーンリストを選択します。
     メモ:   既定では、ビューは管理単位のタイムゾーンを使用します。
  5. クリック 追加 .  [ドメインの追加]ページが開きます。
  6. の終わりに 予測開始週 ボックスをクリックし、カレンダーをクリックしてから、短期予測の1週間をクリックして強調表示します。
     メモ:   将来または前の日付を表示するには、月と年の横にある矢印をクリックするか、月と年のリストを使用します。
  7. の中に 週数 ボックスで、1〜6週間を選択します。
     メモ:   作成方法が異なれば、サポートされる週数も異なります。
    • 自動ベストメソッド選択とインポート予測は、同じ予測内で最大6週間の予測と最大104週間の長期間隔をサポートします。
    • 加重履歴インデックスおよびソースデータインポート付きの加重履歴インデックスは、1週間の予測をサポートします。
  8. の中に 予測期間 スケジュールに短期間隔予測を使用する場合は、チェックボックスをオンにします。
  9. スケジューリング、予測をスケジュールに使用するには、チェックボックスを有効にします。 このチェックボックスは、[予測]リストビュー内で予測を作成した後に有効にできます。
  10. の中に 説明 ボックスに、オプションで同じ週の他の予測と区別するための情報を含めます。
  11. 作成方法次のいずれかを実行します。 
    • 最適な方法で自動的に予測を作成するには、 自動最適方法選択
    • 過去にキャプチャした過去のGenesys Cloudデータを使用して予測を作成し、過去のインデックス加重を指定するには、加重履歴インデックス.
    • .csvファイルのデータを使用して予測を作成し、履歴インデックス加重を指定するには、ソースデータインポートによる加重履歴インデックス.
      • 外部で作成した最終予測をインポートするには、[ 短期間隔予測データのインポート 次に、インポートする.csvファイルを最大6週間選択します。 サンプルリンクをクリックして、サンプルファイルを表示します。
         メモ:   [インポート予測使用する場合はオプション 、ファイル内のすべてのデータが予測継続期間中に入らなければなりません。 そうでない場合、システムはエラーを返します。
    • クリック コアサイト追加。 予報が開きます。