組織レベルで使用率を構成する

前提条件
  • ルーティング > 利用 > 管理する 許可

使用率は、個々の対話の特定の数を定義します; たとえば、コール、Eメール、チャットなど、プラットフォームでサポートされているさまざまなメディアタイプでエージェントがいつでも処理できるもの。 さらに、使用率の設定は、エージェントが処理している他の相互作用を中断したり、ビジュアルアラートをエージェントに提供したりできるメディアのタイプを定義します。 使用率は、組織レベル、または個別のエージェントレベルまで定義できます。

メモ: 
  • 各インタラクションタイプの最大容量は25です。
  • デフォルトでは、システムは組織レベルから構成されたエージェント使用率を使用します。 ただし、エージェントレベルで使用率を設定することもできます。 詳細については、 エージェントレベルで使用率を構成する.

使用率を設定するには、次の手順に従います。

  1. 管理をクリックします。
  2. Contact Center配下にある、使用率をクリックします。 [使用率の管理] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 最大容量各インタラクションタイプに許可するインタラクションの最大数を指定します。 例えば、エージェントに同時に最大4件のメールを処理させたい場合は、メールの最大容量を4に設定します。
  4. 音声のみ:   非ACD相互作用がACD相互作用によって中断されないようにするには、 非ACD通話中に通話をブロックする( 転送除く) チェックボックス。 システムはACDコールではなく内部的なものであるため、ACD全体の使用率カウントに非ACDコールは含まれません。
  5. (オプション)下 によって中断することができます許可される対話のタイプを指定アラート彼らは中にエージェントを処理相互作用は、それらに割り当てられています。 たとえば、現在着信コールのチャットを処理しているエージェントにアラートする場合は、チャット行に音声を追加します。 
     メモ:   分析目的では、1つのインタラクションが別のインタラクションを中断すると、エージェントが別の会話で使用された時間を示すためにホールド時間が出力されます。 また、相互作用タイプを追加する順序は、あるタイプの別のタイプに対する優先順位を示すものではありません。
  6. 組織のデフォルト設定に戻すには、をクリックします システムのデフォルトにリセット.
  7.  保存するをクリックします。