シリーズ: 作業計画を追加する

作業計画の毎日のシフトを設定する


作業計画の毎週、週末、計画期間、および一般的な制約を設定したら、スケジュールを作成および保守するときに使用する毎日のシフトを構成します。

作業計画には、デフォルトで1シフトが含まれています。シフトを追加するには、 追加する ボタン。


日シフトに日数を追加するには、適切な各日をクリックします。


オプションの日を選択しない限り、スケジューリングエンジンは、選択された複数の日次シフトを含む曜日ごとに1つずつ日次シフトを選択します。この場合、スケジューリングエンジンは毎日のシフトを選択することができます。下作業計画のオプションの日、スケジュールエンジンに指示して、1日のシフトを選択するかどうかを、 オプション 行。


  1. シフト名をクリックします。
    注意シフトを編集 ダイアログボックスが開きます。
  2. n 名 ボックスに、このシフトの一意の名前または説明を入力します。
    注意注:1日のシフト名は50文字を超えることはできません。
  3. シフトの特定の開始時間を選択するには、 シフトスタート シフトの開始時間を規格 または 標準時間形式で入力します。例えば、 08:00 午前 または 04:30 午後。
    注意:5分単位でしか選択できません。
  4. シフトの開始時間に柔軟性を持たせるには、次の手順に従います。
    1. を選択 柔軟な時代 チェックボックス
    2. の中に 最も早い ボックスに、適切な最も早い開始時間を標準時間形式で入力します。
    3. の中に 最新 ボックスに、適切な最新の開始時刻を標準時間形式で入力します。
    4. 下 インクリメント、 使用 時間 そして 議事録 上下の矢印でシフト開始時間の間隔を設定します。
      :の最も早い開始時刻がある場合 08:00午前の最新の開始時刻 10:00午前、および15分の開始時間の増分で、シフトの可能な開始時間は次のとおりです。そして10 :00
  5. の中に 毎日の支払い時間 エリア、使用 時間 そして 議事録上下の矢印を使用して、シフトの毎日の支払い時間を設定します。
  6. シフトの1日の支払い時間に柔軟性を持たせるには、次のようにします。
    1. を選択 柔軟な時代 チェックボックス
    2. [最小]で、シフトに許可される1日の最低支払時間を設定します。
    3. [最大]で、シフトに許可される1日の最大支払時間を設定します。
  7. (オプション) シフトに連続する作業時間の制約を設定するには、次のようにします。
    1. を選択 連続作業時間 チェックボックス
    2. 下 最小、 の最小量を設定 作業時間としてカウントされない活動を開始する前にエージェントが作業しなければならない時間。
    3. 下 最大、 最大量を設定 作業時間としてカウントされない活動を開始する前、またはシフトを終了する前にエージェントが作業できる時間
  8. (オプション)休日ルールを設定します。
    1. [休日のルール]チェックボックスをオンにします。
    2. 翌日休みまたは前日休みを選択します。
  9. クリック OK

シフトの開始時間を設定するときに、シフトの開始時間に柔軟性を持たせることもできます。柔軟な開始時間を設定した場合は、下にある左右の矢印をクリックして、設定した増分開始時間ごとにシフトをプレビューできます。 プレビューシフト

次、 シフトに活動を追加する