作業計画の日々のシフト構成を管理する


既存の作業計画のシフト構成を編集できます。


  1. クリック 管理者
  2. 労働力 管理、 クリック 管理ユニット。[管理単位]ページが開きます。
  3. 構成で、クリックします。 作業計画
  4. 右上隅にある 管理ユニット リストと 希望する管理単位を選択してください
  5. 必要に応じて検索フィルタを使用して作業計画のリストを絞り込みます。
  6. 作業計画を選択します。


日次シフト名は 50 文字を超えることはできません。

  1. シフト名をクリックします。 
    注意:[シフト編集]ダイアログボックスが表示されます。
  2. シフトの新しい名前を入力し、 わかりました.


  1. クリックし、 毎日の有給時間 ボックス。 
    メモ: [シフトの編集] ダイアログボックスが開きます。
  2. シフトの開始時刻を変更するには、 シフトスタート area 規格 or 標準 時間形式でシフトの開始時刻を入力します。例えば、 08:00 午前 または 04:30 午後。
    注意:5分単位でしか選択できません。
  3. シフトの開始時間に柔軟性を持たせるには、次の手順に従います。
    1. を選択 柔軟な時代 チェックボックス
    2. の中に 最も早い ボックスに、希望する最早開始時間を規格 または 標準時間形式で入力します。
    3. の中に 最新 ボックスに、希望する最新の開始時刻を規格 または 標準時間形式で入力します。
    4. 下 インクリメントを使用して、 時間 そして 上下の矢印は、シフトの開始時間の間の時間の長さを設定します。
      :の最も早い開始時刻がある場合 08:00午前の最新の開始時刻 10:00午前、および15分の開始時間の増分で、シフトの可能な開始時間は次のとおりです。そして10 :00
  4. 最新のシフトに特定の終了時刻を設定するには、以下の手順に従います。
    1. を選択 最新のシフトストップ チェックボックス
    2. Eシフトの停止時間を規格 または 標準時間形式で入力します。
    3. シフトの停止時間が翌日にロールオーバーする場合は、 翌日 チェックボックス
  5. クリック OK


  1. クリックし、 毎日の有給時間 ボックス。 
    メモ: [シフトの編集] ダイアログボックスが開きます。
  2. 日次有給時間領域では、 時間 そして 分 上下矢印は、シフトのための毎日の有給時間の量を調整します。
  3. クリック OK
  4. シフトの1日の支払い時間に柔軟性を持たせるには、次のようにします。
    1. を選択 柔軟な時代 チェックボックス
    2. 下 [最小] は、シフトに許可される日次有給時間の最低額を設定します。
    3. [最大] で、シフトに許可される日次有給時間の最大値を設定します。.
  5. クリック OK


連続時間の設定により、エージェントが休憩を取らずに長時間労働することが決して起きないようにします。

  1. クリックし、 毎日の有給時間 ボックス。 
    メモ: [シフトの編集] ダイアログボックスが開きます。
  2. を選択 連続作業時間 チェックボックス
  3. 下 最小、 の最小量を設定 作業時間としてカウントされない活動を開始する前にエージェントが作業しなければならない時間。
  4. 下 最大、 最大量を設定 作業時間としてカウントされない活動を開始する前、またはシフトを終了する前にエージェントが作業できる時間
  5. クリック OK