前提条件
  • Genesys Cloud CX 1 Digital Add-on II、Genesys Cloud CX 2、Genesys Cloud CX 2 Digital、Genesys Cloud CX 3、または Genesys Cloud CX 3 Digital ライセンス。
  • Web メッセージングの共同閲覧の場合: 会話 > コブラウズ > 追加 許可   
  • 音声の共同閲覧の場合: 会話 > コブラウズボイス > 追加 許可   

    Genesys Cloud co-browse for Messengerを使用すると、顧客がWebサイトを閲覧する場合、現在のブラウザタブのビューをエージェントと共有できます。 https。 顧客が共有セッションを開始すると、共有者はエージェントがページをクリックした場所を確認できます。 Co-browse for Messenger は次の機能を提供します。 

    • エージェントが既存のWebメッセージングまたは音声対話中に共同ブラウズセッションを提案する機能
    • シェア者にはダウンロード不可
    • 既存の Messenger デプロイメント スニペットを使用します。
    • 機密データの設定可能なマスキングルール
    • エージェントによる変更やクリックを防止するための設定可能な読み取り専用フィールドとボタン 
    • 共有者と閲覧者がお互いのカーソルの動きを確認できるカーソルミラーリング
    • クリック注釈は、相手がクリックしたページ上の場所を両者に示す
    • 共有制限は共有者1人と閲覧者1人まで
    • Shift JISエンコードのサポート
    • WSS (セキュア Web ソケット) プロトコルを使用して、保存データと転送データの両方を業界標準で暗号化します。
    • 共有者と閲覧者のための注釈の描画

    ウェブメッセージのためのCo-browse 

    Messenger の共同閲覧の仕組み

    コブラウズセッションには、共有者と1人以上の視聴者がいます。

    • 共有者: 自分の画面を共有するユーザー、通常は顧客 
    • 閲覧者: 共有画面を見るユーザー、通常はエージェント 

    コブラウズセッション中、コブラウズはウェブサイトに変更を送信します ドキュメント オブジェクト モデル (DOM)からGenesys Cloudへ。 DOMは、Webページの基本構造を記述します。 Co-browseは、この情報をもとに、共有者が閲覧者の画面上で見ているのと同じページをシームレスに構築します。 同時参照は、スクロール、クリック、フォームフィールドへのテキスト入力など、ページ上の変更を監視します。 DOMに変更が発生すると、co-browseがGenesys Cloudに変更内容を送信し、リアルタイムに閲覧者の画面を更新する。

    コブラウズはDOMの更新を監視するため、軽量で高速です。 共有者の画面のビデオとは対照的に、共同閲覧ではテキスト情報のみが送信されます。 また、Co-browseは、連続的にストリーミングするのではなく、変化が起きたときだけ情報を送信します。 このアーキテクチャはセキュリティも提供します。これは、マスキングを構成すると、機密としてマークした情報が閲覧者に表示されなくなり、その情報が共有者のシステムから流出することがないためです。