クラウド・メディア・サービスのCIDR IPアドレス範囲の変更

発表日 効力を発する
2020年11月4日

2021年4月2日–米国西部地域

2021年4月16日– 米国-東部(N. バージニア)およびEU(ロンドン)地域

2021年4月30日–残りのすべての地域

[ リリース・ノートでは、Genesysが、Genesys Cloudのパブリック・フェーシング・メディア・サービス用のIPアドレスの/20 CIDRブロックを購入したと発表されました。 この発表では、Amazon AWSのIPアドレスJSONファイルを使用するお客様は、2021年の初期のカットオーバーに備えて、新しいCIDR IPアドレスに今すぐアクセスできるようにファイアウォールを構成する必要があると述べられました。

2021年4月30日、Genesysは、カナダ(中央)、EU(フランクフルト)、EU(ダブリン)、アジアパシフィック(シドニー)、およびアジアパシフィック(東京)のクラウドメディアサービス変更のCIDRIPアドレス範囲を実装しました。 Genesys Cloudのクラウドメディアサービスは、サポートされているすべてのリージョンでGenesysが所有するCIDRブロックに完全に移行されました。 改訂履歴を含む更新されたリージョンのサポートを含む完全な情報については、を参照してください。 クラウドメディアサービスCIDRIPアドレス範囲。 

よくある質問

これは何を意味していますか?

Genesys Cloudのパブリック向けクラウド・メディア・サービスは、新しいGenesys所有のパブリックIPアドレス・プールに移行しています。

影響を受けますか?

Genesys Cloudクライアント、電話、およびEdgeデバイスからのアウトバウンド接続を制限するためにファイアウォールポリシーを使用しているお客様は、影響を受ける可能性があります。 ネットワーク管理者は、影響を受けるサービス、アドレス、ポートの詳細情報を表示し、クラウド・メディア・サービスCIDR IPアドレス範囲で提供される自己準備チェックを実行できます。

変更日の前に何をする必要がありますか?

影響を受けるお客様は、 の前にファイアウォール構成に新しいアドレス範囲を追加する必要があります。

Genesys CloudがサポートするすべてのAWS地域で、新しいCIDR範囲を利用できますか?

新しいCIDRレンジは、アジア太平洋(ソウル)を除くすべてのAWS地域で利用可能です。 詳細については、「クラウド メディア サービス CIDR IP アドレス範囲」を参照してください。

ヘルプが必要な場合や、その他の質問がある場合は、どこに問い合わせればよいですか?

Genesys Cloud Customer Careに、さらに質問があればお問い合わせください。