発表日 発効日
2022-10-19 2023-03-01

Genesysは、Genesys Cloudメディアサービスで使用するために、CIDR IPアドレス範囲を追加購入しました。 これらの新アドレスは、既存地域を補完し、将来的な新地域への拡大をカバーするものです。 一般に利用可能なコアおよびサテライトリージョン用の新しいCIDR IPアドレス範囲に加え、FedRAMPリージョン(US-East 2(Ohio))専用の新しいCIDR IPアドレス範囲も存在します。

よくある質問

これは何を意味していますか?

Genesys Cloudのパブリック向けクラウドメディアサービスは、GenesysのパブリックIPアドレスのプールを拡大しています。 今回の拡張は、2021年4月に導入された既存のCIDRの範囲を拡大するものです。. 新しいCIDR IPアドレスの範囲拡大が可能になりました。

  • 既存地域内でのさらなる成長。
  • ケープタウンとソウルのサテライトリージョンにCIDRを追加したこと。
  • FedRAMPリージョンのCIDRを追加したこと。
  • 2022/2023年に開設される新地域にCIDRを提供できること。

影響を受けますか?

Genesys Cloudクライアント、電話、およびEdgeデバイスからのアウトバウンド接続を制限するためにファイアウォールポリシーを使用しているお客様は、影響を受ける可能性があります。 ネットワーク管理者は、影響を受けるサービス、アドレス、ポートの詳細情報を確認し、クラウドメディアサービス CIDR IP アドレス範囲 で提供される自己準備チェックを実行することができます。

私がFedRAMPのカスタマーである場合はどうなりますか?

Genesysは、FedRAMPのカスタマー向けに独立したCIDR IPアドレス範囲を追加しています。 FedRAMPのCIDR IPアドレス範囲は、164.152.64.0/22です。

この拡張にどう備えればいいのか?

この拡張に備えるため、元のGenesysのCIDR範囲に加え、新しい範囲への接続を許可するようにファイアウォールポリシーを変更する必要があります。 

  • FedRAMPのカスタマーは、164.152.64.0/22を追加する必要があります。
  • それ以外のカスタマーは169.150.104.0/21を追加する必要があります。

ファイアウォールポリシーを変更した後、自己評価ツールを使って準備状況をテストすることができます。 詳しくは、クラウドメディアサービス CIDR IPアドレス範囲のレディネス・チェックの項をご覧ください。 

GenesysのCIDRブロックに該当する新サービスはありますか?

はい。 Genesysは、CIDR IPアドレスブロックの追加によって恩恵を受けるGenesys Cloud Servicesのリストに追加するために、一連のREST APIの実装に取り組んでいます。 詳しくは、Genesys Cloud Services のセクション、Cloud media services CIDR IP address range をご覧ください。

助けが必要な場合や質問がある場合はどうすればよいですか。

ジェネシスのテクニカルアカウントマネージャーまたはカスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。 また、My Support までご連絡ください。