「はい/いいえ」のアクションを求める

このアクションは、お客様から「はい」または「いいえ」で回答する必要のある質問に対して使用します。 たとえば、ボットが「予約を予約しますか?」と尋ねる場合があります。 このアクションにより、ユーザーはそれに応じて回答することができます。; はい、またはいいえのいずれかです。 このアクションは、フローのどの時点でも使用してください。 または、関連する親の子として追加することもできます。 意図的な行動を求める.

Architect ツールボックスの Bot フローの [Ask] メニューから [Ask for Yes/No] アクションにアクセスします。

名前    説明
名前フィールド アクションの識別名を入力してください。 ここで入力したラベルは、フロー構造に表示されるアクションの名前になります。
質問

ここでは、受信者に何をしたいか尋ねます。 たとえば、「Do you want to proceed?(続行しますか?)」

コールフローでは、入力した質問が音声再生されます。 チャットとメッセージのフローでは、この質問はテキストで表示されます。

入力なし

入力が無効な応答がない場合は、受信者に再生するフレーズを追加します。 たとえば、「続行する場合は「はい」と答え、続行しない場合は「いいえ」と答えます。」

この応答を再生する前に、No Input handling(入力なし処理)は、No Inputs Apology response(入力なし謝罪応答)のフローをまず再生します。 [No Inputs] [Apology] の応答を設定する 以下 設定 > ユーザー入力 > 入力が検出されませんでした > 入力なし謝罪. 

一致なし

一致なし無効の応答には、受信者に再生するフレーズを追加します。 例えば、「はい、またはいいえで答えてください。 続行しますか?」

この応答を再生する前に、No Input handling(入力なし処理)は、No Inputs Apology response(入力なし謝罪応答)のフローをまず再生します。 [No Inputs] [Apology] の応答を設定する 以下 設定 > ユーザー入力 > 入力が検出されませんでした > 入力なし謝罪.