デフォルトのアクション設定をセットアップ


アクションによって、発信者からの入力の待機時間が決定します。特定のアクションのデフォルト設定を 行動 コールフローの設定のセクション。これらのコントロールは、発呼者が最初の数字を入力するのを待つ時間の長さと、タイムアウトしてメニューのデフォルトノードが存在する場合はそれをコントロールに渡すまでに待機する時間を設定します。各アクション内で設定を上書きすることができます。

注意[Actions]セクションは、上書きできるデフォルト設定がフローに含まれている場合にのみ表示されます。

アクション タイムアウト 説明と使用

入力を集める

未入力タイムアウト

入力が必要な場合に、システムが呼び出し側からの入力を待つデフォルトの時間を秒単位で設定します。例えば、この入力はメニュー オプションや、アカウント番号などの入力です。デフォルトの入力なしのタイムアウトは 5 秒です。

クリック + そして - タイムアウトになるまでシステムがエントリなしで待機する秒数を設定します。

数字入力中のタイムアウト

発信者が数字を押してから次の数字を押すまでの待機時間を秒単位で設定します。 デフォルトの整数桁のタイムアウトは3秒です。 たとえば、発信者が4桁のアカウント番号を入力し始め、最初の数字を押すと気が散ります。3 秒後に、システムは発信者にデータの入力のやり直しを促します。

クリック + そして タイムアウトになるまでに各エントリ間でシステムが待機する秒数を設定します。

内線番号でダイアル

数字入力中のタイムアウト

入力の収集の桁間タイムアウトと同様に、このコントロールは、発信者が内線番号を押してから次の番号を押すまでの時間を秒単位で設定します。システムは内線番号のダイヤリングを聞くときに、数字と数字の間隔でデフォルトの 6 秒間待機します。私Fa timeoutが発生した後、Architectは再入力制御に従って発信者に再入力を要求

クリック + そして - タイムアウトになるまでに各エントリ間でシステムが待機する秒数を設定します。