IPアドレスを許可する

前提条件
  • Admin の役割

組織の設定を管理する場合、[Allowed IP Addresses]セクションでは、Genesys Cloudアカウントへのアクセスを、指定したIPアドレスからアクセスするユーザーのみに制限することができます。  

警告:  動的IPを使用する場合は、この機能性有効にしないでください。
  1. 管理をクリックします。
  2. [アカウント設定]で、[]をクリックします。 組織設定
  3. クリック 設定 タブ。
  4. [IPアドレス]ボックスに、CIDRのリストを入力します (クラスレスドメイン間ルーティング)許可したいブロック。 1行に1つのCIDR(例:192.168.100.0/22)を入力でき、最大で150個のCIDRを入力することができます。
    許可リストを作成または更新する場合、お客様のIPが許可リストに追加されているか、またはすでに許可リストに含まれていることを確認してください。
    メモ: 
    • これを使用してIPアドレスを変換できますCIDRユーティリティツール. [Allowed IP Addresses]フィールドに何も入力しない場合、すべてのIPアドレスがGenesys Cloudアカウントにアクセスできます。
    • フォーマットされたCIDRを誤って入力すると、システムは セーブ ボタンを押してフォーマットを修正します。 Genesys Cloudは、許可リストを設定するユーザーのIPアドレスがCIDRエントリの1つに表示されることを確認します。
    • 他のGenesys Cloud組織(認可組織)、許可する IP アドレス リストに CIDR を含めます。
    • 許可されたIPアドレスのリストは、APIを使用してGenesys Cloudとインターフェースするアプリケーションにも適用されます。
    • Genesys Cloud Data Actionsとの連携から発信されるIPアドレスは自動的に許可されるため、明示的に許可リストに追加する必要はありません。
    • Data Actions Integrations 以外の Genesys リソースを使用する場合は、許可する IP アドレスの中にここ に記載されている必要な IP アドレス範囲が含まれていることを確認してください。
    • IPv4アドレスのみがサポートされています。
    • リストにプライベート IP アドレスを含めないでください。
  5. 保存するをクリックします。