受信メールフローに待機アクションを追加する


指定した期間または指定した時間までEメールプロセスを一時停止するには、[待機]アクションを使用します。このアクションは、インバウンドEメールフロータスクでのみ使用可能です。

注意:受信メール、調査、メッセージフローの場合、このアクションは24時間後に切断され、エラー処理に入ります。
  1. Architectホームページで、をクリックするか、 流れ メニューを開き、希望のフロータイプを選択します。
  2. 新しいフローを作成するか、既存のフローを選択してください。フローの設定ページが開きます。
  3. タスクを選択してクリック クリックして開く タスクエディタを開きます。
  4. ツールボックスから、 待つ タスク内の目的の場所へのアクション。
  5. の中に  フィールドに、アイテムを説明するわかりやすい名前を追加します。]
  6. リテラルモードで期間を設定するには、[期間]の下で + または - 目的の値を設定するか、インラインで入力するためのボタン。
    注意:式を使用して期間を設定するには、[期間]の下の[式]ボタンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • インライン式を追加します。
    • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式エディタを開き、式を作成します。
  7. 設計に従ってEメールフローを構築し続けます。