一連の連絡可能な時間にタイムゾーンを追加する


連絡可能な時間セットを追加または編集するときに、システムが特定のタイムゾーン連絡できる時間を定義できます。

  1. クリック 管理者

  2. 発信ダイヤリング、クリック 連絡可能な時間セット.

  3. クリック 新しいタイムゾーンを追加. [タイムゾーンの追加] ページが表示されます。このページの目的は、 タイムゾーンゾーンを選択し、そのゾーンへの連絡が曜日ごとにいつ発生するかを構成することです。

    図は、[新しいタイムゾーンを追加] リンクを表示しています

    図は、新しいタイムゾーンが定義されると表示される画面を示しています

  4. からタイムゾーンを選択します。 タイムゾーン フィルターボックスタイムゾーン名の一部または全部を入力すると、エントリをフィルターできます。現在のユーザーのローカルタイムゾーンがデフォルトで選択されています。

    注意:このステップは、そのタイムゾーンの現地時間中にキャンペーンがa タイムゾーン連絡できる時間を定義します。たとえば、現地時間が東部時間で、連絡可能な時間を中央時間午後1時から午後2時までダイヤルするように設定した場合、 キャンペーン東部標準時間午後2時(中央時間午後1時)に連絡を開始できます。

    画像は、ゾーン名の一部を入力して、タイムゾーンのエントリをフィルターする様子を表示します

  5. キャンペーンが選択したタイムゾーン連絡するタイミングを設定するには、次のいずれかの手順を使用します。



    カレンダーを使用して、クリックしてドラッグして新しいタイムスロットを定義したり、間隔をサイズ変更または移動してタイムスロットの期間を変更したりできます。

    1. を選択 カレンダービュー タブ(デフォルトでまだアクティブになっていない場合)

    2. つくる 新しいタイムスロットで、タイムスロットが始まるカレンダーの何もない場所をクリックします。下にドラッグしたら、マウス ボタンを離す時間を長くします。

      • 短くする タイムスロットの場合は、ハンドルを上にドラッグして時間を短くします。

      • 増加する タイムスロットの場合は、ハンドルを下にドラッグして時間を長くします。

      • 再配置 タイムスロットで、枠の内側をクリックして新しい位置にドラッグします。




    1. を選択 詳細ビュー まだアクティブになっていない場合は、タブをクリックします。

    2. 各タイムスロットは、特定の曜日とその日の1つの時間帯にコールが発生するタイミングを定義します。デフォルトで、毎日 9 am~5 pm の間にダイヤルが行われるようにタイムスロットが定義されます。

      図は、タイムゾーンのデフォルトのタイムスロットを表示しています

    3. 開始時間または終了時間を変更するには、時間、分、またはAM / PMインジケータをクリックします。表示される値を変更するには、別の値を入力するか、上向き矢印・下向き矢印を使用します。

    4. 別のタイムスロットを追加するには、 + ボタンをクリックします。このボタンにより現在のエントリが複製されるため、1 日のうちで連続しない時間範囲にダイヤルを行うように制限できます。例としては、営業時間中にタイムゾーンをダイヤルすることですが、昼休み中にはダイヤルすることはできません。

      図は、複製されたタイムスロット エントリを示しています

      タイムスロットを複製すると重複する時間範囲が作成されるため、同じ日の時間範囲が重複しないように編集します。

      図は、ダイヤル営業時間中が昼休みにない時間のショットを表示しています。

    5. 必要に応じて他のタイムスロットを定義、編集、または削除します。

    ヒント:

    • タイムスロットを削除するには、 - ボタン。

    • タイムスロットの前にあるハンドルをクリックしてドラッグすると、タイムスロットの位置を変更できます。

    • ユーザーに時間範囲を追加または削除する権限がない場合、編集コントロール(+、 - )は読み取り専用です。



  6. クリック 保存する