連絡可能な時間セットを編集する


  1. クリック 管理者

  2. 発信ダイヤリング、クリック 連絡可能な時間セット.

  3. エントリのプロパティを開くには、行と名前列の交点をクリックします。エントリを編集用に開くと、名前を変更したり、時間範囲を更新したりできます。

    • エントリの名前を変更するには、[連絡可能な時間名]ボックスを編集します。

    • 時間範囲を変更するには、[連絡可能な時間範囲]で範囲の名前をクリックします。

    • 時間範囲を削除するには、をクリックします

  4. ゾーンに接続するタイミングを定義するには、 新しいタイムゾーンを追加 タイムゾーンの下。このアクションは、システムがタイムゾーン接続できる時期を定義するために使用されるページを開きます。

  5. [タイムゾーンフィルタ]ボックスからゾーンを選択します。ゾーン名のすべてまたは一部を入力してから選択する選択を絞り込みます。たとえば、フィルターボックスに「America」または「Africa」と入力すると、それらの大陸のゾーンが一覧表示されます。フィルター テキストを入力しなかった場合は、すべてのゾーンの一覧が表示されます。見る タイムゾーン名を理解する.

  6. を使用して連絡を許可するタイミングを指定できます カレンダービュー または、 詳細図. どちらかの方法を使用して定義された連絡可能な時間が両方のタブに表示されます。


    カレンダービューを使用するには:

    1. [カレンダービュー] タブ選択します。

    2. 開始時間を表すセルをクリックします。次に、エントリをドラッグして終了時間まで延長します。

      • 下にドラッグすると、連絡を許可する時間が長くなります。

      • スケジュールを1日以上延長するには、水平方向に右にドラッグします。ドラッグ中に、左側を水平に移動すると、スパンの日数を減らすことができます。

      • マウスの左ボタンを放すと、システムがエントリを作成します。

      • カレンダービューからスパンを削除することはできません。代わりに、詳細ビューを選択します。次にクリック エントリを削除します。

    3. 繰り返して、いつ他のときに接触が発生するかを定義します。


    詳細ビューを使用するには:

    1. 詳細タブ選択します。

    2. [日]列で、システムが対話できる曜日を選択します。

    3. デフォルトでは、システムは開始時刻と終了時刻を営業時間に設定します(08:00 午前 に 05:00 午後)。オプションで、時間、分、またはAM / PMインジケーターをクリックして、 デフォルト開始時間または停止時間を変更します。次に、スピンコントロールを使用して、表示される値を変更します。をクリックして時間をクリアできます – アイコンをクリックするか、クリックして別の時間を追加します +。後者は現在のエントリをコピーするので、開始と停止の設定を微調整できます。

    4. 繰り返して、連絡が他の曜日にいつ発生するかを定義します。

  7. クリック 保存する

メモ:

  • 連絡可能な時間のエントリは、あなたまで有効です キャンペーン割り当てる.

  • そのような時にカレンダーを無効にするなどのコントロールユーザー持っている権限時間セットを表示するために、欠く権限 、作成、変更、または時間のセットを削除します。このコンテキストでは、ユーザーは読み取り専用モードで表示される時間セットを表示できます。