コール可能な時間セットを作成


前提条件:

  • 送信 > ; Callabletimeset > ; 追加、削除、編集、表示 アクセス 許可
  • 連絡先リストの各連絡先列には、対応するタイムゾーン列が必要です。
  • 連絡先リストの各タイムゾーン列には、タイムゾーン名を含める必要があります。見る タイムゾーン名を理解する.
  • あなたの連絡先リストを使用する時間帯の名前を知っています。
  • 各ゾーンの呼び出しが許可されているかどうかを確認します。

この記事とビデオの手順では、一連の呼び出し可能時間を定義する方法を説明し、システムが特定のタイムゾーンをいつ呼び出すことができるかを示します。

    1. クリック 管理者

    2. アウトバウンドダイヤリング呼び出し可能タイムセットをクリックします。

    3. クリック 新規作成.

    4. 呼び出し可能な時間セットの名前を入力します。名は、スペース、数字、および特殊文字を含めることができますが、一意である必要があります。

      図は、新規時間セットに名前を付ける方法を示しています

    5. システムがタイムゾーンを呼び出すことができる時間を定義するために使用されるプロパティページを開くには、 時間帯を保存して追加します。

      メモ: をクリックすると 保存、システムは新しい項目を「呼び出し可能時間セット」ビューに保存しますが、この項目には、呼び出しが発生するタイミングを指定する情報は含まれません。クリック タイムゾーンの保存と追加 ここでその情報を定義できます。

    6. からゾーンを選択します。 タイムゾーン フィルタボックス。ゾーン名のすべてまたは一部を入力してから選択する選択を絞り込みます。手間を省くために、デフォルトで、現地のタイムゾーンが自動的に選択されます。

      図は、タイムゾーンの選択を示しています

      たとえば、フィルターボックスに「アフリカ」と入力すると、ボックスにその大陸のゾーンが表示されます。フィルター テキストを入力しなかった場合は、すべてのゾーンの一覧が表示されます。見る タイムゾーン名を理解する

      注意:呼び出し可能な時間セットは、夏時間を考慮します。1つの呼び出し可能な時間セットは通年で動作します。夏時間を使用するタイムゾーンを選択していることを確認します。たとえば、夏時間のために CST は変更されませんが、CST6CDT は変わりません。

    7. キャンペーンがそのゾーンを呼び出せるように設定するには、次の手順のいずれかを実行します。

      注意:このステップでは、キャンペーンがタイムゾーンの現地時間内にタイムゾーンを呼び出すことができる時間を定義します。たとえば、現地時間が東部標準時で、中央時間の午後1時から午後2時にダイヤルするように呼び出し可能時間を設定した場合、キャンペーンは東部標準時午後2時(中央午後1時)にダイヤルを開始できます。

      カレンダーを使って、視覚的にタイムスロットを定義 (より速く、簡単な方法)

      カレンダーを使用して、クリックしてドラッグして新しいタイムスロットを定義したり、間隔をサイズ変更または移動してタイムスロットの期間を変更したりできます。

      1. を選択 カレンダービュー タブ(デフォルトでまだアクティブになっていない場合)

      2. つくる 新しいタイムスロットで、タイムスロットが始まるカレンダーの何もない場所をクリックします。下にドラッグしたら、マウス ボタンを離す時間を長くします。

        • 短くする タイムスロットの場合は、ハンドルを上にドラッグして時間を短くします。

        • 増加する タイムスロットの場合は、ハンドルを下にドラッグして時間を長くします。

        • 再配置 タイムスロットで、枠の内側をクリックして新しい位置にドラッグします。

      タイム ・ スロット (最も柔軟性の高い方法) を手動で定義します。

      1. を選択 詳細ビュー まだアクティブになっていない場合は、タブをクリックします。

      2. 各タイムスロットは、特定の曜日とその日の1つの時間帯にコールが発生するタイミングを定義します。デフォルトで、毎日 9 am~5 pm の間にダイヤルが行われるようにタイムスロットが定義されます。

        図は、タイムゾーンのデフォルトのタイムスロットを表示しています

      3. 開始時間または終了時間を変更するには、時間、分、またはAM / PMインジケータをクリックします。表示される値を変更するには、別の値を入力するか、上向き矢印・下向き矢印を使用します。

      4. 別のタイムスロットを追加するには、 + ボタンをクリックします。このボタンにより現在のエントリが複製されるため、1 日のうちで連続しない時間範囲にダイヤルを行うように制限できます。例としては、営業時間中にタイムゾーンをダイヤルすることですが、昼休み中にはダイヤルすることはできません。

        図は、複製されたタイムスロット エントリを示しています

        タイムスロットを複製すると重複する時間範囲が作成されるため、同じ日の時間範囲が重複しないように編集します。

        図は、ダイヤル営業時間中が昼休みにない時間のショットを表示しています。

      5. 必要に応じて他のタイムスロットを定義、編集、または削除します。

      ヒント:

      • タイムスロットを削除するには、 - ボタン。

      • タイムスロットの前にあるハンドルをクリックしてドラッグすると、タイムスロットの位置を変更できます。

      • ユーザーに時間範囲を追加または削除する権限がない場合、編集コントロール(+、 - )は読み取り専用です。

    8. クリック 完了。コーラブル時間範囲の一覧に新しいエントリが表示されます。

    9. 別のタイムゾーンの呼び出し可能時間を指定するには、 新しいタイムゾーンの追加. 手順 5~6 を繰り返します。

      図は、完了したコール可能な時間のエントリの例を示しています

    10. セット内の必要なすべてのタイムゾーンのタイムスロットを定義するときは、 保存. コール可能な時間ビューに戻ります。新しいエントリは、 キャンペーンに割り当てる.

      図は、コール可能な時間セット ビューで設定されたタイムセットを示しています

注意:新しい呼び出し可能時間セットが1000の最大制限数を超えた場合、エラーメッセージが表示されます。必要に応じて古いまたは古い呼び出し可能な時間セットを削除し、 保存 を再度実行して、新しい呼び出し可能時間セット構成を完了します。