CSVファイルのインポートで人を追加する

前提条件

いずれかに割り当てられた次の権限ユーザー 役割 :

  • ディレクトリ>ユーザー>追加
  • 認可 > 役割 > 見る

.csvファイルを使用して、組織に人と情報をまとめて追加できます。 組織に追加しようとしている人に関する情報は、CSVファイルに入っている必要があります。

プレーンテキストエディタを使用して.csvを作成するのではなく、スプレッドシートから.csvをエクスポートすることをお勧めします。 スプレッドシートは、CSV ファイルを保存する必要な引用符とコンマが自動的に挿入されます。 このプロセスは手動で録音を初期設定するよりもエラーが少なくなります。 

ノート: 
  • 検証プロセスはスペルミスや余分なスペースをキャッチしません。 これらの問題は、重複した役割の作成を引き起こす可能性があります。 ベストプラクティスとして、インポートする前に必ずCSVファイルをフォーマットして校正してください。 
  • .csvファイルには 名前Eメール。 その他すべてのデータはオプションです。
  • スキルカテゴリはスキルにのみ有効で、言語には有効ではありません。
  • CSVファイルのデータは次の順序でなければなりません。
名前,メール,電話_職場,内線番号,役職,部署,メール_上司,場所_職場,役割_アクセス区分,キュー,アクセス区分,スキル
  • キュー名はカンマ区切りです。ただし、実際のキュー名にコンマを含めることはできません。
  • 役割/権限ページに表示されるとおりに、役割をスペルします。
  • .csvファイルに空の「title」列と「department」列が含まれている場合、空白のフィールドはGenesysCloudの既存のフィールドを上書きします。
  • .csvファイルに空の「phone_work」または「location_work」列が含まれている場合、空白のフィールドはGenesysCloudの既存のフィールドを上書きしません。
  • インポートプロセス中、Genesys Cloudは自動的に.csvファイル内の新しい場所を組織に追加します。
  • .csvインポートで既存のユーザーを更新すると、Genesys Cloudは役割とキューを追加しますが、それらの置換や削除は行いません。 
  • .CSV経由能力とスキルをアップロードするには、追加スキルや能力を、コロンで区切られています。 複数のスキルをコンマで区切ります。 たとえば、Skill1:5、Skill2:3、Skill3:1など。
  • .csvファイルに新しいスキルを含めると、Genesys Cloudは既存のスキルを新しいスキルに置き換えます。

例:  

"Gene Hamilton"、 "gene.hamilton@company.com"、 "919-555-1234"、 "3324"、 "セールスアソシエイト"、 "セールス"、 "sue.ellen.templar@company.com"、 "ダーラム、NC "、" admin、Communicate User "、" Inside Sales "、" Home "、"交換部品 "
 "Lisa Greenjeans"、 "lisa.greenjeans@company.com"、 "317-555-6789"、 "268"、 "Contact Agent"、 "Technical Support"、 "dex.cooper@company.com"、 "Indianapolis、 IN "、" Genesys Cloud User "、" Customer Support "、" East Coast "、" Warranty "

2バイト文字を含む.csvファイルをインポートします

CSVファイルに日本語または中国語などの言語の2バイト文字が含まれている場合は、ファイルをUnicodeまたはUTF-8形式で保存します。 詳しくは、 UnicodeまたはUTF-8形式でCSVファイルを作成します。

組織に人を一括インポートする

  1. 管理者をクリックします。  下 人と権限、クリック人そしてクリック一括インポート.
  2. クリック ブラウズ そして、あなたの人々のデータを含むCSVファイルを選択します。
     メモ:   組織内でActive Directoryを使用する場合は、コネクタを設定し、ユーザーを自動的に同期させます。 詳細については、以下を参照してください。Azure Active DirectoryをGenesys Cloud SCIM(Identity Management)用に構成する.
  3. を選択して人を追加した後に自動的に招待状を送信する 自動的に招待状を送る。
  4. [プレビューのインポート]で、データを確認します。
  5. クリック インポートを開始
     メモ:   Genesys Cloudが組織にユーザーをインポートすると、ステータスバーに進行状況が表示されます。
    • 人をつくる
    • 上司と関連付け
    • 場所の作成と割り当て
    • 役割の割り当て
    • キューを割り当てる
    • 完了
  6. クリック 完了 ダイアログボックスを閉じるには、をクリックします。 持続する 別のCSVファイルをアップロードします。