アクティビティ コードを追加する

前提条件

  • Workforce Management > 活動コード > 追加する 許可

カスタマイズされたアクティビティ コード支援組織を使用してアクティビティを定義、スケジュールされたアクティビティの表現として。  アクティビティ カテゴリを使用する箇所では常にアクティビティ コードを使用します。

注意: アクティビティカテゴリは、エージェントの特定のアクションを特定するために使用できる、またはよりカスタマイズされたアクティビティコードのコンテナーとして使用できる事前定義されたパラメータです。 アクティビティコード 関連するアクティビティを作成およびグループ化して、エージェントのアクションを定義できます。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 労働力 管理、 クリック ビジネスユニット. 「ビジネスユニット」ページが開きます。
  3. 構成で、クリックします。 活動コード
  4. 右上隅で、 事業単位 リストと 適切な管理単位を選択する.
  5. クリック 追加 .  [アクティビティ コード] ページが開きます。
  6. アクティビティコードの項目で、以下を実行します。
    1. 名前 ボックスに、アクティビティコードの短い、説明的な名前を入力します。
    2. カテゴリ リストで、必要なカテゴリを選択します。
    3. このセクションの右上にあるDefault ボタンは、このアクティビティがデフォルトであるかどうかを示しています。 これは、アクティビティコードがを使用してどの組織にもマッピングされていない場合に発生します 二次ステータス フィールドは アドヒアランス設定 セクション。
  7. アドヒアランス設定 セクションで、以下を実行します。
    1. Primary Status フィールドには、Activity Code セクションのCategory Code フィールドで選択したカテゴリーの名称が表示されます。 
    2. セカンダリーステータス リストで、アクティビティコードを特定のセカンダリーステータスにマップします。 これにより、プレゼンス状態とアクティビティコードが1対1の関係で、きめ細かいアドヒアランスの追跡が可能になります。
  8. 時間設定 の項目で、次のように操作します。
    1. アクティビティのデフォルトの期間を指定するには、 長さ 領域で上下の矢印を使用して、アクティビティに割り当てられる時間数と分数を設定します。
      注意: システムはこの情報を使用して、スケジュールエディタまたはシフト定義でアクティビティを作成します。 既存のアクティビティの長さを変更できます。
    2. Count as Paid Time 、アクティビティを有給時間にカウントする場合は、チェックボックスを選択します。
    3. アクティビティを割り込み可能なものとしてカウントする場合は、「Is Interruptible」チェックボックスを選択します。 
      注意: システムは、キュー上のアクティビティコードに対してのみ、デフォルトでこの切り替えを有効にします。 このカテゴリで有効になっているアクティビティコードのみが、 新しいコーチングの任命 画面。 新しいコーチングの予定をスケジュールする方法の詳細については、を参照してください。 コーチングの予定を立てる
    4. アクティビティを連続した作業時間としてカウントする場合は、[作業時間としてカウント]チェックボックスをオンにします。 
  9. 別のアクティビティコードを追加するには、をクリックしてください。 保存して新規追加
  10. アクティビティコードページに戻るには、をクリックします。 保存する