アクティビティ コードを追加する


前提条件

  • 人員管理 > ; アクティビティコード > ; 追加 権限

カスタマイズされたアクティビティコードは、組織が使用するアクティビティの定義に役立ち、スケジュールされたアクティビティの表現として機能します。 アクティビティカテゴリを使用する場合は常にアクティビティコードを使用します。

注意:アクティビティカテゴリは、エージェントの特定のアクションを特定するために使用できる、またはよりカスタマイズされたアクティビティコードのコンテナーとして使用できる事前定義されたパラメータです。活動コード 作成およびグループ関連のアクティビティを使用して、エージェントのアクションを定義できます。
  1. クリック 管理者
  2. 労働力 管理、 クリック ビジネスユニット. 「ビジネスユニット」ページが開きます。
  3. [構成]で、[ アクティビティコード
  4. 右上隅で、 事業単位 リストと 適切な管理単位を選択する.
  5. クリック 追加する 。[アクティビティコードの追加]ページが開きます。
  6. の中に アクティビティコード 名前 ボックスに、アクティビティコードのわかりやすい短い名前を入力します。
  7. の端にある矢印をクリックします 活動カテゴリーアクティビティに関連付けるデフォルトカテゴリをリストおよび選択します。
  8. アクティビティのデフォルトの時間の長さを指定するには、 長さ 上下矢印を使用して、アクティビティに割り当てる時間と分数を設定します。
    注意:システムは、 スケジュールエディターまたはシフト定義でアクティビティを作成するときにこの情報を使用しますが、既存のアクティビティの長さを変更できます。
  9. このアクティビティをデフォルトとして設定するには、クリックして有効にします デフォルトです.
  10. アクティビティが有料時間にカウントされる場合は、クリックして変更します 有給時間としてカウントはい.
  11. アクティビティが連続した、または連続した作業時間としてカウントされる場合、クリックして変更します 作業時間としてカウント に切り替える はい
  12. 別のアクティビティコードを追加するには、をクリックします 保存して新規追加
  13. [アクティビティコード]ページに戻るには、をクリックします セーブ