前提条件

 以下の権限

  • Workforce Management > エージェント > 編集そして ビュー

最大1500まで追加できますエージェントを管理ユニットに追加します。 アドヒアランス情報は、選択した作業チームのすべてのエージェントが同じ管理ユニットに属している場合、または1つの管理ユニットのみを選択した場合にのみ、スケジュールエディターで使用できます。 詳細については、スケジュールエディタで遵守情報を表示する

ノート:  
  • 同じビジネスユニット内のある管理ユニットから別の管理ユニットにエージェントを移動しても、エージェントは同じビジネスユニットのスケジュール内に引き続き表示されます。 エージェントが別の管理ユニットに移動した後、新しい管理ユニットの下に新しいアドヒアランス情報が存在します。 アドヒアランスの履歴データは、新しい管理ユニットのアドヒアランス履歴ビューに表示されます。 エージェントが別の管理ユニットに移動すると、新しいスケジュールとアドヒアランス情報が新しい管理ユニットの下に存在します。
  • エージェントをある管理ユニットから別のビジネスユニットの別の管理ユニットに移動すると、 スケジュールとアドヒアランス情報は元の管理ユニットとビジネスユニットに残ります。 ただし、元の管理ユニットでは、過去のアドヒアランスは表示されなくなりました。 このプロセスにより、スーパーバイザは、履歴の目的で、ビジネスユニットと管理ユニットを移動する前に、 スケジュール上の同じ場所でエージェントを表示できます。 エージェントが別の管理ユニットに移動すると、新しいスケジュールとアドヒアランス情報が新しい管理ユニットの下に存在します。
  • エージェントをある管理ユニットから別の管理ユニットに移動すると、スケジュール可能な値は最後に更新された値になります。
  • 休暇申請は、エージェントとともに新しい管理ユニットに移動します。 休暇要求は、管理単位ではなくエージェントに固有であり、移動を伴うエージェントに従う必要があります。

 メモ:   注記: キューでエージェントを追加すると、Genesys Cloudは現在のキューの関連付けのみを考慮します。 キュー メンバーシップに対する将来の更新は、管理ユニットに影響を与えません。 エージェントをキューに追加、またはキューから削除する場合、システムはエージェントを管理ユニットに追加、または削除しません。

  1. 管理をクリックします。
  2. ワークフォースマネジメントの下で、 エージェント をクリックする。 エージェント ページが開きます。
  3. 右上隅で、リストをクリックして、エージェントを追加したい管理単位を選択します。
  4.    [追加] をクリックします。 「エージェントの追加」ページが開きます。
  5. キューごとにエージェントを追加するには、次の操作を行います。
    1. クリック キューに割り当てられたエージェント.
    2. をクリックします 入力を開始… ボックスをクリックして、キュー名の数文字を入力し始めます。
    3. キュー内の選択したエージェントを削除し、それらが管理ユニットに追加されないようにするには、各エージェントの横にあるチェックボックスをオンにします。
    4. 保存するをクリックします。
    5. 管理単位に追加するエージェントを含むキューごとに、この手順を繰り返します。
  6. エージェントを個別に追加するには、次の操作を行います。
    1. クリック 特定のエージェント.
    2. をクリックします 入力を開始… ボックスに入力して、エージェントの名または姓の数文字を入力します。
    3. 選択したエージェントを削除して管理ユニットに追加されないようにするには、各エージェントの横にあるチェックボックスをオンにします。
    4. 保存するをクリックします。
    5. 管理単位に追加するエージェントを含むキューごとに、この手順を繰り返します。
    6. 保存するをクリックします。
    7. 追加エージェントが管理ユニットに追加されるたびに、この手順を繰り返します。
  7. 管理ユニットに割り当てられたエージェントを追加するには、次の手順を実行します。
    1. クリック 管理ユニットに割り当てられたエージェント.
    2. をクリックします 入力を開始… ボックスをクリックし、管理ユニットの数文字を入力し始めます。
    3. 選択したエージェントを削除して管理ユニットに追加されないようにするには、各エージェントの横にあるチェックボックスをオンにします。
    4. 保存するをクリックします。
    5. 管理単位に追加するエージェントを含むキューごとに、この手順を繰り返します。
    6. 保存するをクリックします。
    7. 追加エージェントが管理ユニットに追加されるたびに、この手順を繰り返します。
  8. 保存するをクリックします。

  1. 管理をクリックします。
  2. Workforce Management の下で、Agents をクリックする。  エージェント ページが開きます。
  3. 右上隅で、削除するエージェントを含む管理ユニットを選択します。
  4. 削除したいエージェントを選択し、Remove selected agent(s) をクリックします。 管理ユニットから削除するエージェントの数を確認するよう求めるメッセージが表示されます。
  5. [はい] をクリックします。  

  1. 管理をクリックします。
  2. 構成クリック エージェント.エージェント ページが開きます。
  3. 右上隅で、作業計画に追加するエージェントを含む管理ユニットを選択します。
  4. 追加するエージェントを選択します。
  5. クリック 作業計画にエージェントを追加.
  6. エージェントを追加する作業計画を選択します。
  7. 保存するをクリックします。

    1. 管理をクリックします。
    2. 構成クリック エージェント.[エージェント] ページが開きます。
    3. 右上隅で、スタッフィング グループに追加するエージェントが含まれる管理単位を選択します。
    4. 追加するエージェントを選択します。
    5. クリック動くエージェント
    6. 選択する人材派遣グループドロップダウンからスタッフィング グループに移動するエージェントを選択します。
    7. 保存するをクリックします。

    1. 管理をクリックします。
    2. 構成クリック エージェント.エージェント ページが開きます。
    3. 必要なエージェントを選択する。
    4. クリック エクスポート . システムは.csvファイルをローカルのDownloadsフォルダーにダウンロードします。