休みの申請を追加

あなたは、休暇申請ページから休暇申請を追加できます要求に対して複数のエージェントを選択できます。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 労働力 管理、 クリック タイムアウト要求。
  3. 右上隅にある [ 管理単位 必要な管理単位をリストして選択します。
  4. オプションデータを表示するタイムゾーンを変更するには、右上隅で現在のタイムゾーンリストを選択します。
     メモ:   デフォルトでは、ビューはビジネスユニットのタイムゾーン使用しタイムゾーン 。
  5. [追加] をクリックします。  [休暇申請の追加]ページが開きます。
  6. 休暇申請が適用される1つ以上のエージェントを選択するには、エージェントを選択をクリックします。 [エージェントの追加] ダイアログ ボックスを開きます。
  7. の中に 利用可能 列で、次のいずれかを実行してから、をクリックします わかった
    • 使用可能なすべてのエージェントのリストからエージェントを選択するには、各エージェントをクリックしてタイムオフ要求に追加します。
    • タイムオフリクエストに追加するエージェントを検索するには、 探す ボックスで、エージェントの名前の入力を開始し、結果でそれをクリックします。
    • 利用可能なすべてのエージェントをスケジュールに追加するには、をクリックします。 全て追加する。
    • タイムオフリクエストからエージェントを削除するには、 選択済み 列で、削除するエージェントをクリックします。
    • スケジュールからすべてのエージェントを削除するには、をクリックします。 すべて削除する。
  8. この時点で休みの申請を承認するには、[ステータス] リストで [承認済み] を選択します。
  9. [アクティビティ コード] リストをクリックして、申請に適用するアクティビティ コードを選択します。
  10. 休暇申請を全日または一部に適用するかどうかを変更するには、[ タイプ トグル。
  11. 休暇申請が有給休暇か無給休暇かを変更するには、 有料時間としてカウントされます トグル。 デフォルトでは、トグルはアクティビティコード構成で指定された値に設定されています。
  12. の中に 日付を選択 ボックスをクリックし、カレンダーをクリックしてから、休暇申請の日付をクリックします。
     メモ:   [CTRL] キーを押しながら個々の日付を選択したり、[SHIFT] キーを押しながら連続する日付を選択します。
  13. [長さ]の下で、時間および分 矢印を使用して1日あたりの休暇申請の長さを選択します。
    メモ:   エージェントが要求できる最小の時間と分は、管理者が選択した日付に設定した制限に基づいています。
  14. 一日の一部の申請の場合、[開始日時] および[終了日時] ボックスで一日の休みの開始および終了の時間を選択します。
  15. ノートの下で、必要に応じて、申請に関する関連情報を追加します。
  16. 申請を保存し、保存するをクリックして休暇申請ページに戻ります。
  17. 休みの申請を保存して別の申請を追加するには、[保存] と [新規追加] をクリックします。