休暇計画を追加

休暇計画ページから休暇計画を追加できます。 管理単位ごとに最大250の休暇計画を立てることができます。

  1. [管理]をクリックします
  2. 下 労働力 管理、 クリック タイムアウト要求。
  3. 右上隅で、をクリックします 管理ユニット リストを表示し、休暇計画を追加する管理単位をクリックします。
  4. [追加] をクリックします。  [休暇申請の追加]ページが開きます。
  5. の中に 休暇プラン名 ボックスに、休暇プランのわかりやすい名前を入力します。
  6. Activity Code Associations セクションで、 Edit をクリックします。 NS アクティビティコードの関連付けを編集する ダイアログボックスが開きます。
  7. [ 利用可能 次のいずれかを実行します。
    • 活動コードを休暇計画に関連付けるには、活動コードをクリックします。
    • 休暇計画に関連付けるアクティビティコードを検索するには、 タイムオフコードを検索する ボックスで、アクティビティコードの入力を開始し、結果でそれをクリックします。
    • 利用可能なすべてのアクティビティコードを休暇プランに追加するには、をクリックします 全て追加する
    • 休暇計画から活動コードを削除するには、 選択済み 列で、削除するアクティビティコードをクリックします。
    • 休暇プランからすべてのアクティビティコードを削除するには、をクリックします すべて削除する
    • クリックOK。
      注意: アクティビティコードは、単一の休暇プランにのみ関連付けることができます。 既に他のプランに紐づいているアクティビティコードを選択した場合、システムはそのアクティビティコードを他のプランから削除します。
    1. Under Rules, to ensure that time-off requests with the selected activity codes count against the time-off limit, enable the Count Against Time-Off Limit check box.
      Note: If you do not set time-off limits for the selected management unit, this check box is not available.
    2. 自動承認ルール、次のいずれかを実行します。
      • 選択したアクティビティコードを使用するタイムオフ申請には、自動承認ルールが適用されないようにするには、Never をクリックします。 このオプションを選択するには、選択したアクティビティコードに関連付けられているタイムオフリクエストを手動で承認する必要があります。
      • 選択したアクティビティコードを使用するタイムオフ申請に対して、自動承認ルールが常に適用されるようにするには、Always をクリックします。 このオプションを選択すると、要求された休暇日の残りの休暇制限を超えた場合でも、システムはすべての休暇申請を自動承認します。
      • タイムオフ制限に従ってタイムオフ要求に自動承認ルールを適用するには、次の手順を実行します。
        1. 休暇上限に従う
        2. 使用 ウェイティングリストからの有効期限が切れる前の日数 矢印は、休暇申請が開始されるまでの日数を設定し、順番待ちリストからの申請を期限切れにします。 リクエストの有効期限が切れると、システムはステータスを「保留中-順番待ちリストウィンドウが閉じました」に変更します。
          メモ:   このオプションは、を設定した場合にのみ使用できます。 休暇制限に対するカウント に切り替えます オン
    3. クリック 保存する.