前提条件

Genesys Cloud CXで以下の権限を設定します。

    • Journey > Outcome >Add, Delete, Edit, View
    • Journey > Outcome Predictor >Add, Delete, Edit, View

アウトカム リストを表示する

フィールド 説明
名前 結果名
更新日 Predictive Engagement で結果が最後に変更された日付
説明 結果の説明
アクティブ 結果が Web サイトで使用できるかどうかを示します
結果のスコアリング 結果のスコアリングが有効かどうかを示します。 Predictive Engagement のカスタマーのみが利用可能
 オプション 編集、削除、複製など、結果に使用できるオプションのメニュー

アウトカムを検索

検索する文字を1つ以上入力します(大文字・小文字の区別はありません)。 入力すると、条件に一致するアウトカムだけがリストに表示されます。

矢印の付いた列見出しは、矢印をクリックするとそのエンティティでリストをソートできることを示します。 上向きの矢印はリストの昇順、下向きの矢印はリストの降順を示す。

アウトカムを作成する

アウトカムを作成するには、Create outcome をクリックし、Manage outcomes の指示に従います。

 メモ:   最大 100 個の結果を作成し、最大 10 個の結果のスコアリングを有効にすることができます。

アウトカムを編集する

アウトカムを修正するには、アウトカムを検索し、編集 メニューオプションをクリックします。 アウトカムの管理 の説明に従ってください。

結果を複製する

結果の作成プロセスを簡略化するために、既存の結果を複製することができます。 複製する結果を検索し、複製する メニューオプションをクリックします。 重複した結果が編集モードで表示されます。 重複した結果の新しい名前を指定し、残りの情報を適切に修正します。

 メモ:   Genesys Predictive Engagementは、新しいアウトカムを保存して有効にした後に収集した訪問データに基づいて、元のアウトカムとは別に新しいアウトカムを採点します。 新しく作成された結果の結果スコアリングを手動で有効にする必要があります。 結果の条件を編集する場合は、チェックマーク結果を保存する前に、変更された条件ごとに。

アウトカムを削除する

結果を永久に削除するには、結果を検索し、削除 メニューオプションをクリックし、確認します。

注意: 削除は永久的に行われます。 結果を一時的に使用停止にするには、代わりに、 を無効にしてください。

 メモ:   の結果カスタム KPI命名規則に従ってページで利用できます。 Predictive_Routing_{ kpi_name }_結果。 結果を削除すると、それぞれのカスタム KPI は使用できなくなります。

アウトカム レポートを表示する

特定のセグメントの訪問者をどの程度惹きつけているかを知るには、 Outcome Reporting can be found here メニューオプションをクリックしてください。

エンティティ 説明
名前 アウトカム名
アクション マップ 結果の達成を支援したアクションマップの数。
達成 結果が達成された回数。
アクションを達成 Webアクション(Webチャットやコンテンツ提供など)に関連付けられた、達成された結果の数。
アクションを伴う達成率 アウトカムを達成した行動の割合(行動で達成/行動数)。
セグメント 結果を達成したセグメントの数。
アクティブ 結果をWebサイトで使用する準備ができているかどうかを示します。
更新日 結果が最後に変更された日付。

ジャーニーアウトカムの詳細については、Genesys Cloud CX Resource Center の Journey Outcomes view をご覧ください。