カスタムSMTPサーバー統合を使用して送信メールを送信する

カスタムSMTPサーバー統合をインストールして有効化した後、Genesys Cloudが送信メールにSMTPサーバーを使用するように設定します。

 メモ:  
  • カスタムドメインを使用する必要があります。 Genesys Cloudドメインは、カスタムSMTPサーバー統合には使用できません。
  • Genesys Cloudでは、複数の組織で同じメールドメインやサブドメインをプロビジョニングすることはできません。  同じドメインを必要とする複数の組織がある場合、地域別または機能別のサブドメインを使用することをお勧めします。 例えば、us.example.com, uk.example.com, sales.example.com, service.example.comなど。
  • この構成は、送信メールにのみ適用されます。 既存の受信メールルールと設定には影響しません。
  • Genesys Cloudは、顧客のエンドポイントへのアウトバウンドSMTPトラフィックに特定のIPアドレスを使用します。 これらのIPアドレスを許可リストに追加し、APIリソースへの不正なアクセスを防止します。 これらの IP アドレスの一覧を取得するには、 GET /api/v2/イップレンジ.

  1. Genesys Cloudで、 管理.
  2. コンタクトセンタークリック Eメール
  3. 適切なカスタムドメインをクリックします。
  4. クリック ドメイン設定 タブ 。 
  5. 以下 送信メールの送信、クリック アウトバウンド電子メールの送信には、自分の組織のSMTPを使用します。
  6. リストから適切なSMTPサーバ統合を選択します。
  7. クリック SMTP 接続のテスト.
     メモ:   エラーが発生した場合は、 構成 この設定を保存します。
  8.  保存するをクリックします。

この変更は、代理店には影響しません。 エージェントが電子メールを送信しようとしたときにSMTP統合の問題が発生した場合、次のいずれかのメッセージが表示されます。

  • SMTP ホストが無効です。
  • 接続がタイムアウトしました。
  • 指定されたインテグレーションで認証できません。
  • Genesys Cloud が結合に接続できません。