アクセス区分を使用してアウトバウンドダイヤリングオブジェクトへのアクセスを管理する

誰に電話をかけ、誰にかけないかをアウトバウンドダイヤルに伝えるリストには、部門設定があります。 この関連付けにより、組織は、同じ役割または権限を持つ送信管理者が、割り当てられた部門以外の構成オブジェクトを管理することを制限できます。 さらに、Genesys Cloudでは、各キャンペーンが部門に属する必要があります。

部門は、オフィスの所在地、国、事業単位、ブランド、またはあなたの事業が定義するその他の分類です。

各キャンペーン、不在着信リスト、または連絡先リストを部門に関連付けることで、組織はアウトバウンド管理者がアクセスできるオブジェクトを細かく制御できます。 たとえば、ロサンゼルスのコンタクトセンターの管理者は、ニューヨークのコンタクトセンターでキャンペーンを管理することはできません。

管理者がそれらを別の部門に移動するまで、新規および既存の管理オブジェクトはHome部門に属します。 管理オブジェクトは1つの部門にのみ属することができます。 ホームはデフォルトで存在する唯一の部門です。 部門をサポートする管理オブジェクトは次のとおりです。

    • ルーティングオブジェクトを呼び出す
    • コーチングの予約
    • 連絡先リスト
    • データテーブル
    • 連絡不可リスト
    • 緊急
    • フロー
    • フロー マイル ストーン
    • フローアウトカム
    • 学習モジュール
    • 管理単位
    • メッセージルーティングオブジェクト
    • アウトバウンド キャンペーン
    • キュー
    • スケジュール
    • スケジュール グループ
    • スクリプト
    •    ユーザー

    各キャンペーン、コンタクト拒否リスト、またはコンタクトリストには、必要な部門設定があります。 関連管理ビューには、各オブジェクトに割り当てられている部門が表示されます。 キャンペーンダッシュボード、コンタクトリストビュー、コンタクト拒否リストビューを含む表示区分の表示ビュー。