作業チームの概要

近日公開予定の機能: 作業チームをキューに割り当てます

コンタクトセンターのスーパーバイザーのパフォーマンスを評価するために、コンタクトセンターのマネージャーは通常、それらのスーパーバイザーに報告するエージェントを評価します。 これを簡単にするために、スーパーバイザーは、管理するエージェントを作業チームに編成できます。

作業チームは、次の管理上の利点を提供します。

  • 作業チームのメンバーシップは[人]ページに表示されます。
  • ワークチームメンバーの変更は、監査証跡に表示されます。

作業チームは、人員と品質管理の能力も提供します。

  • 管理者は、品質管理ポリシーを作業チームに割り当てることができます。
  • スーパーバイザーは、遵守とパフォーマンスを監視するためのフィルターとして作業チームを使用できます。
  • Supervisors はAgent のパフォーマンスビューでワークチームのデータをフィルタリングすることができます。
  • スーパーバイザーは、作業チームごとのスケジュールを表示および編集し、作業チームのアクティビティをスケジュールできます。

ノート:  
  • グループ とは異なり、ワークチームのメンバーは1つのワークチームのみに所属することができます。
  • チームメンバーは同じアクセス区分に所属している必要があります。
  • 組織ごとに200を超える作業チームは存在できません。
  • 作業チームを作成する場合、スーパーバイザーが割り当て権限を持っているアクセス区分に属するユーザーのみを追加できます。

権限は、作業チームを作成および管理する機能を制御します。

権限    説明
グループ >> 仕事 チーム >> 全て 権限 将来の権限を含む、すべての作業チームの権限を割り当てます。
グループ >> 仕事 チーム >> 割当 作業チームにメンバーを追加するか、メンバーを削除します。 
グループ >> 仕事 チーム >> 追加 作業チームを作成します。
グループ >> 仕事 チーム >> 消去 作業チームを削除します。
グループ >> 仕事 チーム >> 編集 作業チームの名前または説明を編集します。
グループ >> 作業チーム >> 意見 作業チームとそのメンバーを表示します。