WebRTC用のポートとサービス


PureCloud WebRTCには、さまざまなネットワークシナリオでファイアウォールを設定する前に考慮すべき特定のポートとサービスの設定があります。ここに示されているダイアグラムはさまざまなシナリオのためのポートおよびサービスを設定する方法を示します。

ダイアグラムを表示して、特定のWebRTCの設定を最もよく表しているものを判断するときには、次の点に注意してください。

  • BYOC Cloud / PureCloud Voice EdgesまたはBYOC Premises/LDMEdgesを使用していますか?
  • エージェントですか?
    • Edgesと同じネットワーク/ファイアウォールの内側にありますか?
    • Edgesと別のネットワークまたはファイアウォールの外側にありますか。
    • 両方(内側と外側)
  • ファイアウォールはEndpoint Dependent(対称)またはEndpoint Independent(非対称)に設定されていますか。

PureCloud Voice - 非対称/対称NAT

BYOC Cloud - 非対称/対称NAT

BYOC施設 - 非対称NAT

BYOC施設 - 対称型NAT


この図は、外部トラフィック用のファイアウォールにのみ適用される対称NAT設定を示しています。対称NAT設定が内部トラフィックと外部トラフィックの両方に対してファイアウォールに適用される場合は、次の図のClient inside firewall - 2を参照してください。


この図は、内部トラフィックと外部トラフィックの両方に対してファイアウォールに適用される対称NAT設定を示しています。対称NAT設定が外部トラフィック用のファイアウォールにのみ適用される場合は、前の図のClient inside firewall - 1を参照してください。



詳細については、 会社のファイアウォールに設定するポートとサービスを参照してください。