Salesforceに対するPureCloudのOAuthクライアント権限


注意:この記事は、PureCloud for Salesforceに適用されます。

Salesforceに対してPureCloudで認証を設定する前に、PureCloudでOAuthクライアントを作成する必要があります。

少なくとも、OAuthクライアントに付与するクライアント資格情報に割り当てる役割には、PureCloudで以下の権限が必要です。権限は、Salesforceに対してPureCloudで使用する機能によって異なります。

  • Salesforce Eメールのルーティング
    • Architect> ;ユーザー> ;読み取り専用
    • 会話> ; Eメール> ;作成
    • ルーティング> ;キュー> ;検索、表示
    • ルーティング> ;スキル> ;管理
  • キャンペーン管理
    • 「アウトバウンド」> ;「呼び出し可能時間セット」> ;「表示」
    • アウトバウンド> ;キャンペーン> ;追加、削除、編集、表示
    • 発信> ;連絡先> ;追加、削除、表示
    • 発信> ;連絡先リスト> ;追加、削除、編集、表示
    • アウトバウンド> ; DNCリスト> ;表示
    • アウトバウンド> ;レスポンスセット> ;表示
    • 発信> ;ルールセット> ;表示
    • 送信> ;スケジュール> ;削除、編集、表示
    • ルーティング> ;キュー> ;検索、表示
    • スクリプター> ;公開されたスクリプト> ;表示
    • テレフォニー> ;プラグイン> ;すべて

詳細については、 OAuthクライアントを作成する そして 認証を設定する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 SalesforceのPureCloudについて