書式設定されたテキストがテキスト編集フィールドに表示されます。

メールテキストエディタバー

テキストをフォーマットするには、次のいずれかを実行します。

  • 書式設定ボタンを選択してメッセージを入力
  • 最初にメッセージを入力し、フォーマットしたいテキストを強調表示してからフォーマットボタンを選択します。
注意: テキストをコピーして貼り付けると、テキストをテキストの編集フィールドに貼り付けた際に簡単な HTML フォーマットがそのまま残ります。 テキストのフォーマット用ツールバーを使用して、貼り付けたテキストを削除したり、フォーマットを追加したりします。
フォーマット ボタン テキスト例
テキストレベル

フォントスタイルを選択します。

  • 段落
  • 見出し1

  • ヘディング2

  • ヘディング3

  • 見出し4

  • 見出し5
  • 見出し6
  • Preformatted
フォントファミリー ユーザーがテキストのフォントを決定するためにアクセスするフォント ファミリ ボタン

リストからフォントを選択します。

フォントサイズ ユーザーがテキストのフォントサイズを決定するためにアクセスするフォントサイズボタン

リストからフォントのサイズを選択します。

太字 ユーザーが太字テキストを決定するためにアクセスする太字ボタン ここに太字があります。
斜体 ユーザーがテキストを斜体にするためにアクセスする斜体ボタン これが斜体テキストです。
下線 ユーザーが下線付きのテキストをフォーマットするためにアクセスする下線ボタン ここに下線付きテキストがあります。
取り消し線 取り消し線テキストを書式設定するためにユーザーがアクセスする取り消し線ボタン ここに取り消し線のテキストがあります。
テキストの色 テキストの色を選択できるテキスト色ボタン フォントを変更する
背景色 テキストの背景色を変更できる背景色ボタン テキストの背景を変更する 色。
左揃え テキストを左揃えにする左揃えボタン

このテキストは左揃えです。

中央揃え テキストを中央揃えにする中央揃えボタン

このテキストは中央揃えです。

右揃え テキストを右揃えにする右揃えボタン

このテキストは右寄せです。

両端揃え 両端揃えボタンは、単語間にスペースを追加して、テキストを両側に揃えることができます。

このテキストは正当化されます。 テキストは、ワードおよび文字間にスペースを追加することによって左右両端に揃えられます。

箇条書きリスト 箇条書きリストボタンを使用すると、順序なしリストを作成できます。
  • オプション1
  • オプション2
  • オプション3
番号付きリスト 番号付きリストボタンを使用すると、順序付きリストを作成できます。
  1. 最初にこれを行います。  
  2. 今これを行います。
  3. それからこれをしなさい。
インデントの減少 インデントを減らすボタン 段落を左に移動します。
インデントの増加 インデントを増やすボタン 段落をインデントします。
書式のクリア 書式をクリアするボタン

フォーマットを取り除き、プレーン テキストを表示します。  

画像を挿入

画像挿入ボタン

メッセージに画像を挿入します。

注意:  上記の表の情報は、送信メッセージに適用されます。 受信メールメッセージの場合、GenesysCloudは[フォーマット]列にリストされているフォーマットをサポートします。