エクスポートできます発言履歴ボットから .csv ファイルに変換され、Architect のデジタル ボット フローに変換されます。 この機能を使用すると、エクスポートされたデータをローカルで分析して、ボットをトレーニングおよび改善できます。

メモ: 
  • ダウンロードできるデータがない場合は、輸出無効になっています。
  • エクスポートされたファイルには、設定されたグリッド フィルター、日付、言語が含まれています。
  • Genesys Cloud は最大 25,000 件のエクスポートされたレコードをサポートします。

発話履歴をエクスポートするには、次の手順に従います。

  1. エクスポートする発話履歴を含むボット フローを開きます。
  2. インサイトと最適化] の下で、[最適化ダッシュボード] をクリックします。
  3. クリック発話履歴。 ビューには、発話のリストと個々の詳細が表示されます。
  4. 発話履歴をエクスポートするには、 をクリックします。輸出。 Architect は指定したダウンロード場所にファイルをエクスポートし、[エクスポートの詳細] ダイアログ ボックスにエクスポートに関する次の情報が表示されます。
    •    ユーザー名
    • 日付
    • ステータス
    • ファイル名
    • エクスポートされた会話および録音データの概要