プロトコルキャプチャを有効にする


注意:この記事では、外部トランク 、Phone トランク 、およびエッジグループの構成について説明します。

前提条件

  • テレフォニー管理者 役割

外部トランクまたは電話機でプロトコルキャプチャ設定を有効にできます。 トランク。Edge グループでプロトコルキャプチャ設定を有効にすることもできます。

プロトコルキャプチャ設定は、PureCloudカスタマーケア担当者と作業中に有効になるように設計されています。これを有効にすると、診断およびトラブルシューティングの目的で使用できるプロトコル固有のネットワーク情報を含むPCAPファイルが生成されます。したがって、PureCloudカスタマーケアの指示に従って、プロトコルキャプチャ設定のみを有効にしてください。

警告:
  • プロトコルキャプチャを有効にすると、パフォーマンスが低下し、QoSに影響を与える可能性があります。
  • 組織がSecure IVRを使用している場合は、Protocol Capture設定を有効にしないでください。その理由は、この設定を有効にすると、システムに入力されたすべてのデータのログ記録が許可されるためです。これには、セキュリティで保護されたIVRフローを介して入力されたデータが含まれます。これには、公開またはキャプチャしてはいけない機密データが含まれる可能性があります。
  • PCI準拠のPureCloud組織で、PCI DSS設定を有効にしている場合、プロトコルキャプチャを有効にすることはできません - プロトコルキャプチャ設定は使用できません。

プロトコルキャプチャを有効にするには


  1. クリック 管理者
  2. テレフォニーの下で、クリックします トランクス
  3. 適切なタブをクリックします。 外部トランク または 電話トランク
  4. リストから、設定したいトランクを選択します。
  5. 外部トランク設定 または 接続構成 セクション、クリック 診断
  6. セット プロトコルキャプチャ に 有効
  7. それまでのキャプチャ日付と時刻を入力して、データを収集する期間を指定します。
  8. クリック 外部トランクを保存 または 電話トランクを保存


  1. クリック 管理者
  2. テレフォニーで、クリックします。 Edgeグループ
  3. リストから、設定したいEdgeグループを選択します。
  4. クリック 診断
  5. セット プロトコルキャプチャ に 有効
  6. それまでのキャプチャ日付と時刻を入力して、データを収集する期間を指定します。
  7. クリック Edgeグループを保存


詳細については、 プロトコルキャプチャログをダウンロードする