ネットワークキャプチャを有効にする

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

BYOC Premisesを使用している場合は、 ネットワークの問題のトラブルシューティングと診断に使用できる情報 BYOCプレミスエッジ。 そうするために、あなたはすることができます エッジデバイスで完全なパケットキャプチャを実行するようにGenesysCloudを構成します。 具体的には、この機能は特定のネットワークインターフェイスを通過するすべてのネットワークトラフィックをキャプチャします。

Genesys Cloudはパケットキャプチャ情報を.pcapファイル形式で保存し、Wiresharkなどのツールで表示できます。

ネットワークキャプチャ機能を有効にしたら、日付と時刻を設定して、ネットワークパケットをキャプチャする期間を指定します。 データをキャプチャできる最長時間は1週間であることを覚えておいてください。 

警告:
  • ネットワークキャプチャを有効にすると、 パフォーマンスが低下し、QoSに影響する可能性があります。
  • 組織でセキュアIVRを使用している場合は、ネットワークキャプチャ設定を有効にしないでください。 その理由は、この設定を有効にすると、システムに入力されたすべてのデータのログ記録が許可されるためです。 このロギングプロセスには、セキュアIVRフローによって入力されたデータが含まれます。これには、公開またはキャプチャすべきではない機密データが含まれる場合があります。
  • PCI 準拠の Genesys Cloud 組織で PCI DSS 設定を有効にしている場合、ネットワークキャプチャを有効にすることはできません。ネットワークキャプチャ設定は利用できません。

ネットワークキャプチャを有効にするには:

  1. 管理をクリックします。
  2. テレフォニーの下にある、Edgesをクリックします。
  3. 監視するエッジを選択します。
  4. クリック ネットワークインタフェース タブ。
  5. 監視するネットワークインターフェイスを選択します。
  6. クリック 診断 タブ 。
  7. 有効にする ネットワークキャプチャ.
  8. までキャプチャで、データを収集する期間を指定する日時を選択します。
  9. インターフェースを保存をクリックします。

詳細については、 ネットワークキャプチャログをダウンロードする.