SIP 診断

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可
  • テレフォニー &gt ; 電話 &gt ; 割り当てます 許可

BYOCクラウドまたはBYOCプレミスを使用している場合は、のSIP診断セクションの情報を使用できます。 インタラクションの詳細ページ、ネットワークまたはSIPトランク構成のトラブルシューティング。  この情報は、通話の相手側でGenesysとサードパーティのキャリアまたはPBXの間で送信されるSIPシグナリングを理解する必要があるテレフォニー管理者およびネットワークエンジニア向けです。

PCAPファイルは、無料で入手できるネットワークプロトコルアナライザアプリケーションで表示できるパケットキャプチャファイルです。 PCAPファイルは、特定のコールのシグナリング履歴を示し、SIPレベルでのコール障害のトラブルシューティングに使用できます。

BYOCクラウドキャリア、PBXトランク、構内エッジ外部トランクなどの外部トランクを通過する通話では、PCAPファイルが生成されます。 PCAPファイルは21日間分析できます。

 メモ:   ステーション間コールはPCAPファイルを生成しません。

PCAP 生成は、オンプレミスの Edge アプライアンスでベストエフォートであると考えられています。 リソースの使用率が高い時間帯にリアルタイム メディア処理の優先順位を付けるために、PCAPの生成を遅延または停止させることもできます。

ベストエフォート とは、PCAP を生成するために実行できるすべての処理は実行されるが、呼び出しの処理が遅くなったり、処理が妨げられたりすることはありません。 たとえば、コンタクトセンターのピーク時、Genesys Cloudはすべてのコールを処理できない場合があります。および 同時にPCAPを生成します。 Genesys Cloudは、PCAPファイルの生成よりも、呼び出しの処理を優先します。 その結果、通話量が多い時間帯には、その期間のPCAPファイルに情報がない可能性があります。 通話量がGenesysCloudがすべての通話を処理できるレベルにある場合 同時にPCAPを生成すると、その期間のPCAPファイルに情報が含まれます。