管理ユニットを管理

[管理単位]タブから組織の労働力管理単位を編集または削除します。

 メモ:   管理単位を作成した後、週の開始日またはタイムゾーン変更することはできません。 管理ユニットの開始日を変更する必要がある場合は、新しい管理ユニットを作成し、目的のエージェントを追加して、前のユニットと一致するように構成します。

管理単位を別の部門に移動することはできません。 管理ユニットをある部門から別の部門に移動するには、を参照してください。 オブジェクトをある部門から別の部門に移動する.

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 Workforce Managementクリック 管理ユニット。 [管理単位]ページが開きます。
  3. 必要に応じて[管理単位名]の下のテキストボックスを使用し、適切な管理単位を検索します。
  4. 管理単位を編集するには、適切な管理単位のリンクをクリックします。
  5. 必要に応じて、管理ユニット名を編集します。
  6. クリック スケジューリング タブし、次の領域を編集します。
    1. 延期作業の最大稼働率矢印と矢印を使用して、コールと遅延作業の両方を処理するエージェントの最大経過時間を編集します。
    2. 下 計画期間開始日、 使用 カレンダー 計画期間の開始日を編集します。
    3. 計画期間の長さ(週)、上矢印と下矢印を使用して、計画期間の長さを変更します。
    4. クリック 高度な収縮 また、間隔レベルの縮小がない場合にシステムが使用するデフォルトの縮小率を変更します。 デフォルトはゼロパーセントです:
      • 間隔を15、30、または60分に変更するには、 そして ボタン
      • の中に 計画外のデフォルトの収縮ボックスで、収縮率を指定します。
      • 特定の時間の割合を変更します。 押す Ctrl +クリック (また Cmd +クリック MacOSの場合)、適切な時間を選択します。 選択した値をに設定します ボックスにパーセンテージを入力し、をクリックします 申し込み。 たとえば、月曜日から金曜日の午前7時から午前9時まで15パーセントの縮小値が必要な場合があります。  
      • 特定の時間に一定の割合で収縮率を変更します。 押す Ctrl +クリック (また Cmd +クリック MacOSの場合)、適切な時間を選択します。 選択した値を次のように変更します ボックスにパーセンテージを入力し、をクリックします 申し込み
      • 特定の値をデフォルトのゼロパーセントに戻すには、を押します。 Ctrl +クリック (また Cmd +クリック MacOSの場合)適切な時間を選択します。 クリック 選択した値をデフォルトに設定.
      • すべての値をデフォルトのゼロパーセントに戻すには、 クリック すべてをデフォルトに設定。
  7. クリック 遵守 次の領域をタブで編集します。
    • 重大な順守しきい値、リアルタイムの順守監視のためにシステムがエージェントを順守していないと深刻に見なすまでの時間を分単位で設定します。
    • 順守例外しきい値履歴順守に順守例外を含めるための最小しきい値を設定します。
    • 下 遵守目標過去の順守に対する最小目標順守率を設定します。
    • 下 活動同等性たとえば、順守計算の場合と同じように、キュー以外のアクティビティを検討するかどうかを決定します。
    • 下 例外を考慮した外部シフトの作業順守例外として、予定されたシフト時間外の待ち行列状況をカウントするか無視するかを決定します。
    • 下 遵守を無視する順守計算から除外するアクティビティキューを除き、アクティビティカテゴリを追加または削除します。
       メモ:   注意:この設定は適合性に影響を与えません。 これらの活動は順守にプラスまたはマイナスの影響を与えません。
  8. クリック 休暇申請 タブと日数の範囲を変更したため、A 休暇申請現在の日付からの相対作成することができます。
    1. 有効または無効にする 提出範囲の制約
    2. 制約を有効にした場合は、 最小 そして 最大 日数の範囲を定義する矢印。
  9. クリック シフト取引 次のいずれかの領域をタブで編集します。
    1. シフト取引を有効または無効にします。
    2. 交替取引の自動システムレビューを有効または無効にします。
    3. エージェントが直接取引要求を提供する機能を有効または無効にします。
    4. どちらかの交替が取引に適格になるまでの最小時間数を変更します。
    5. エージェントの一致基準の要件、エージェントが同じキューメンバーシップ、言語、スキル、または計画グループ内のエージェントとのみシフトを交換できるかどうかを選択します。 
    6. 下 交替取引ルールリストされた制約に対して管理者の承認を許可するか、許可しないか、または要求するかを選択します。
    7. 下 活動カテゴリ取引ルールリストされているアクティビティカテゴリに対して、取引を禁止するか、スケジュールを維持するか、または別のアクティビティと置き換えるかを選択します。
  10.  保存するをクリックします。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 Workforce Managementクリック 管理ユニット。 [管理単位]ページが開きます。
  3. 必要に応じて、[管理単位名]の下のテキストボックスを使用して適切な管理単位を検索します。
  4. 削除する管理単位の横にあるをクリックします もっと 、そして 次にクリック 削除する。 削除を確認するダイアログ ボックスが表示されます。 
  5. 削除する管理ユニットの名前を入力して、[]をクリックします。 OK