廃止予定: Genesys Cloudクライアントおよびネットワーク構成の長いポーリング

発表日 廃止日
2019年11月20日 2020年7月1日
ノート:  この記事の以前のタイトルは非推奨です: WebRTCシグナリング。 コミュニティのフィードバックを確認した後、 Genesys名前を変更して改訂し、 廃止および顧客への影響を明確にしました。

オン 、Genesysは、Webソケット(サーバープッシュ)接続が失敗した場合、Genesys Cloudクライアントおよびネットワーク構成の長いポーリング(クライアントプル)をサポートするフォールバックメカニズムを削除しました。 Genesys Cloudは現在、WebSocketプロトコルを使用するクライアントとネットワーク設定のみをサポートしています。

この非推奨は、Genesys Cloudデスクトップアプリケーションでウェブプロキシを使用する顧客にのみ影響します。 Genesys Cloud WebアプリケーションとともにWebプロキシを使用する顧客を含め、他のすべての顧客は影響を受けません。

よくある質問

影響を受けますか?

Genesys Cloudデスクトップアプリケーションでウェブプロキシを使用するお客様は、接続障害を回避するために、長いポーリング削除日の前に以下の手順に従う必要があります。

削除日前に何をする必要がありますか?

Genesys CloudデスクトップアプリケーションでWebプロキシを使用するお客様は、Webソケット トラフィックをプロキシ経由で適切にルーティングするために、Webプロキシ サーバの構成を更新する必要があります。 

警告:  プロキシサーバーの使用は、システム構成ファイルの変更を必要とする高度な構成です。 これらのファイルを変更する前に、元のバージョンのファイルをバックアップしてください。 

Proxy Auto-Configuration(PAC)ファイルを使用して、WebリクエストをGenesys Cloudにルーティングすることをお勧めします。 WebプロキシサーバーのPACファイルにこの回線含めます。

if(url.substring(0,4)== "wss:")
return "PROXY {Proxy-IP}:{Proxy Port}";

または変更デスクトップ アプリケーションコマンド-使用するショートカット回線の引数を:

purecloud.exe --proxy-server = "https = {Proxy-IP}:{プロキシポート}; wss = {プロキシ-IP}:{プロキシポート}"

助けが必要な場合や追加の質問がある場合は、誰に連絡すればよいですか。

マイサポートに連絡してください。