を追加 日時型 変数


A 日時型 valueは、ISO 8601と同様に、日付データに対してXML 規格 または 標準で規定されている形式の文字列です。このリリースでは、Architectが可能になります 日時型 日付と時刻の値ではありません。

注意:Architectは現在、オフセットまたはタイムゾーンをサポートしていません 日時型 値オフセットまたはタイムゾーンを指定することはできませんが、Architectは、値がUTCであるかのように式エディタ関数で報告します。ToString(datetime)を呼び出す関数を作成した場合、Architectは文字列にZを追加した値を返し、その値をUTCとして扱います。

日時型タスクシーケンスへの変数を追加します。

タスクシーケンスでは、日付を追加できます。 | 更新されたデータのデータ アクションの時間変数。例:

  1. ツールボックスから、 データ カテゴリとドラッグ データ更新 タスク内の目的の場所へのアクション。
  2. 「データの更新」設計フォームの  フィールドに、アイテムを説明するわかりやすい名前を追加します。
  3. 更新ステートメントを追加するボタンをクリックし日時型を選択します。
  4. の中に 変数名 フィールドに、タスクの変数を識別するためのラベルを入力します。
  5. リテラルモードで値を設定するには、割り当てる値フィールドで、次の操作を行います。
    1. 日付フィールドをクリックしてカレンダーダイアログ ボックスを表示し、適切な日付、月、年を選択します。
    2. 時間フィールドをクリックして、AMとPMを含む適切な時間値を選択します。
  6. 式を使用して値を設定するには、 割り当てる値 フィールド、式ボタンをクリックして、次のいずれかを実行します。
    • インライン式を追加します。
    • クリック 式を編集 ボタンをクリックして式エディタを開き、式を作成します。
  7. オプションで別の変数を追加するには、 更新ステートメントを追加する ボタン。