日付入力スクリプトコンポーネント

日付/時刻は、日付とオプションで時刻とタイムゾーンを選択するための入力コンポーネントです。 エージェントがスクリプトでコンポーネントをクリックすると、カレンダーが表示されます。 コンポーネントのプロパティに応じて、時間とタイムゾーンの入力フィールドが表示されます。 変数はエージェントが選択する日付と時間を保存します。

  1. クリック 日付時刻コンポーネントのツールバーで。

  2. (エージェントによって) 選択された日付を変数に保存するには、 共通 プロパティグループ。

  3. 、文字列変数を選択します。 これは、日付コンポーネントを使ってエージェントが選択した値を変数にバインドします。 エージェントが日付を選択すると、バインドされた変数にその日付が含まれます。 逆に、バインドされた変数の値が、ページが表示される前に設定されると、コンポーネントにはその変数の現在の値が表示されます。

    例えば、エージェントがカレンダーから「2017 年 8 月 8 日」を選ぶと、バインドされた変数に次の DATETIME 値が保存されます: 2017-08-07T00:00:00-0400

    日付文字列の形式は次のとおりです。

    yyyy mm dd プラス T で時刻を示す Hh :mm :ss 形式を指定し、その後に協定世界時 (UTC) までのオフセットを指定します。

  4. 有効または無効 時間を含む 日付、時刻、およびタイムゾーン、または日付のみを要求する入力コントロールを構成します。

    いいえ

    [いいえ] に設定すると、エージェントは日付を選択できますが、時刻またはタイムゾーンを入力できません。 

    数字は、日付のみを求めるコントロールを示しています。

     はい

    Yes に設定すると、エージェントは日付、時刻、およびタイムゾーンを選択するように求められます。

    図は、日付入力コントロールが、日付、時間、タイムゾーンを促しているところを示しています

    ヒント:   コールバック時間の設定時には、エージェントは連絡先のタイムゾーンを選択する必要があります。

  5. このコンポーネントのその他のプロパティを設定します。 

    一般

    値は、選択した変数にコンポーネントをバインドします。 例えば、テキスト入力コンポーネントを変数にバインドすると、入力ボックスには常にその変数の値が表示され、指定したプレースホルダー テキストは無視されます。 変数はユーザーが入力したテキストで自動的に更新されます。ただし、検証処理の対象となります。

    その他のコントロール、ラジオボタンなど、選択した値テキスト設定で値を使用します。 {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}} これにより、各ラジオ ボタンは同じ変数に別の値を割り当てることができます。

    カレンダコントロールが変数にバインドされている場合、その値はコントロールによって選択された日付に設定されます。 変数は視覚コントロールの値をプリセットしたり、コントロールにより設定できるため、バインドは頻繁に使用される強力な方法です。

    時間を含む 設定では、 日付/時刻 日付、時刻、およびタイムゾーン、または日付のみを要求するコンポーネント。

    いいえ

    [いいえ] に設定すると、エージェントは日付のみを選択するように求められます。 クリックすると、エージェントが選ぶ日付のカレンダーのポップオーバーが表示されます。

    数字は、日付のみを求めるコントロールを示しています。

     はい

    Yes に設定すると、エージェントは日付、時刻、およびタイムゾーンを選択するように求められます。

    図は、日付入力コントロールが、日付、時間、タイムゾーンを促しているところを示しています

    ヒント:   コールバック時間を設定するとき、エージェントは連絡先のタイムゾーンを選択する必要があります。

    ユーザーが値を入力または選択する必要があるかどうかを指定します。 既定値は No で、ユーザーの操作は省略可能です。

    ユーザインタフェースは、ユーザ入力がオプションであるかどうかを視覚的に示します。 

     

    オプションの入力は、コンポーネントの下のラベルで示されます。

    要求-値-false

    レイアウト

    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、幅を固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定    説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。 例えば、ラベルの幅はテキストの量に応じて拡大することができます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。 この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。 最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    settings-sizing-pixels 固定サイズをピクセル単位で設定します。 ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。 コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。

    サイズ調整に影響する重み付けを使用して、高さを固定サイズに設定し、コンテンツを表示するために必要に応じて拡大したり、他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費したりします。

    設定    説明
    settings-sizing-auto-size 自動サイズ設定は、コンポーネントをその内容に従って縮小または拡大するように設定します。
    settings-sizing-pixels 固定サイズをピクセル単位で設定します。 ボックスに整数を入力するか、上向き矢印か下向き矢印を使ってサイズを増加または減少します。 コンポーネントにフォーカスがあると、これらの矢印が表示されます。
    settings-sizing-stretch

    ストレッチでは、サイズ調整に影響を与えるために重み付けを使用して、コンポーネントが他のコンポーネントに比べてできるだけ多くのスペースを消費することができます。

    2つのコンポーネントが両方とも伸縮するように設定されている場合、デフォルトで残りのスペースの50%が割り当てられます。 この比率は、重量値を変更することによって調整できます。

    たとえば、1つのコンポーネントを200の重みに設定し、もう1つのコンポーネントを100の重みに設定すると、最初のコンポーネントは残りのスペースの3分の2を占め、もう1つは3分の1しかかかりません。 最初のコンポーネントは、その重量が2番目のコンポーネントの重量の2倍であるため、他のコンポーネントのサイズの2倍になります。

    親コンテナを基準にして、コンポーネントを左、右、または中央に揃えます。

    ヒント:   親コンテナーの高さ設定が [自動サイズ変更] に設定されている場合、コンポーネントは垂直方向を基準にして中央揃えにすることはできません。 これを修正するには、親コンテナのHeightをに設定します。 ストレッチ またはの一定の高さに ピクセル数
    設定
    align-left2 align-left-example2
    align-center2 align-center-example2
    align-right2 align-right-example2
    align-start align-start-example
    align-vertical-center align-vertical-center-example
    align-vertical-end align-vertical-end-example

    余白は、境界線の周囲の上下左右の間隔を設定します。

    画像は、余白、境界線、およびスペース設定の関係を示しています

    1. 必要に応じて一度にすべてのマージン値を更新するには、を押します。 すべて設定 プロパティパネルの[余白]ボタンをクリックします。

      すべて設定ボタンの画像

    2. 余白の値フィールドをクリックします。 そのフィールドにスピン コントロールが表示されます。

    3. スピンコントロールを使用して、余白を増減します。 もし すべて設定 を選択した場合、変更はすべての余白に適用されます。

      settings-margin-spinner

      コンポーネントは新しいマージン設定を使用してすぐに再配置されます。

    ブール(TrueまたはFalse)変数の値に基づいてコンポーネントの表示/非表示を設定します。

    1. クリック レイアウト プロパティグループ Visibleの下にあるをクリック 変数を選択
    2. 変数を選択するか、オプションで新しいYes / No変数を作成してから、その新しい変数を 見える 財産。
    3. 実行時には、変数の値がTrueのときにコンポーネントが表示されます。 逆に、変数の値が

    詳細 

    値は、選択した変数にコンポーネントをバインドします。 例えば、テキスト入力コンポーネントを変数にバインドすると、入力ボックスには常にその変数の値が表示され、指定したプレースホルダー テキストは無視されます。 変数はユーザーが入力したテキストで自動的に更新されます。ただし、検証処理の対象となります。

    その他のコントロール、ラジオボタンなど、選択した値テキスト設定で値を使用します。 {"error" :{"code" :400000,"message" :"One of the request inputs is not valid."}} これにより、各ラジオ ボタンは同じ変数に別の値を割り当てることができます。

    カレンダコントロールが変数にバインドされている場合、その値はコントロールによって選択された日付に設定されます。 変数は視覚コントロールの値をプリセットしたり、コントロールにより設定できるため、バインドは頻繁に使用される強力な方法です。

    時間を含む 設定では、 日付/時刻 日付、時刻、およびタイムゾーン、または日付のみを要求するコンポーネント。

    いいえ

    [いいえ] に設定すると、エージェントは日付のみを選択するように求められます。 クリックすると、エージェントが選ぶ日付のカレンダーのポップオーバーが表示されます。

    数字は、日付のみを求めるコントロールを示しています。

     はい

    Yes に設定すると、エージェントは日付、時刻、およびタイムゾーンを選択するように求められます。

    図は、日付入力コントロールが、日付、時間、タイムゾーンを促しているところを示しています

    ヒント:   コールバック時間を設定するとき、エージェントは連絡先のタイムゾーンを選択する必要があります。

    すべてのコンポーネントはデフォルトで有効になっています。 無効にしたプロパティは、True/False 変数をコンポーネントにバインドし、変数の実行時の値に基づいて無効または有効にします。

      1. True/False 変数を作成するには、[ 変数 ] タブ。

      2. クリック + 変数を追加します。

        図は、新しい変数を追加するボタンを示しています

      3. 選択 True/False データ型として。

        図は、変数のデータ タイプを示しています

      4. 名前ボックスにわかりやすい名前を入力します。

        currently-enabled-variable

      5. 既定値を設定する True または False.

        • 変数が True の場合、コンポーネントは無効になります。

        • 変数が False の場合、コンポーネントは有効になります。

      6. クリック 適用 変数を保存します。
      7. 無効にしたプロパティに変数を割り当てます。 以下に 無効クリック 変数の選択.

        disabled-property-setting

      8. True/False 変数を選択します。

        currently-enabled-variable-selected

    作業をテストするには、 プレビュー.

    変更アクション このコンポーネントの状態または値が変更されたときに実行されるアクションを設定することができます。

    Scripterアクション、Outboundアクション、またはカスタムアクションを選択できます。 アウトバウンド アクションは、アウトバウンド プロパティが有効になっていない限り、利用できません。 

    ユーザーが値を入力または選択する必要があるかどうかを指定します。 既定値は No で、ユーザーの操作は省略可能です。

    ユーザインタフェースは、ユーザ入力がオプションであるかどうかを視覚的に示します。 

     

    オプションの入力は、コンポーネントの下のラベルで示されます。

    要求-値-false