データアクションが403エラーを返す

 メモ:   この記事は、Google Cloud Functionsで使用した場合のAWS Lambdaデータアクション統合およびGoogleデータアクション統合に適用されます。

データアクションは403エラーを返します。 

  • 起動しようとしているAWS Lambda関数が存在しません。
    • AWSアカウントにAWS Lambda関数を作成します。 次に、Genesys Cloudの統合設定で設定した役割に関連付けられたポリシーで、このAWS Lambda関数へのアクセスを許可します。 
  • AWSアカウントのポリシーで、正しいAWS Lambda関数へのアクセスが許可されていません。
    • 付与するAWSアカウントのポリシーを更新します invokeFunction AWS Lambdaデータアクション統合に呼び出すAWS Lambda関数へのアクセス。
  • あなたがあなたの役割に付けたポリシーはあなたのAWS Lambda機能へのアクセスを許可しません。 
    • AWS Lambda関数へのアクセスを許可する、AWSアカウントの役割にポリシーを追加します。 
  • AWSアカウントでロールに設定されたアカウントIDは、Genesys Cloud Production AWSアカウントIDではありません。
    • AWSアカウントの役割のアカウントIDをに更新します。 765628985471。765628985471
  • AWSアカウントでの役割に設定された外部IDは、Genesys Cloud組織IDではありません。
    • AWSアカウントの役割の外部IDを更新します。 この役割は、Genesys Cloudの統合設定で設定した役割と同じです。

詳細については、 IAMリソースを作成する そして データアクション統合を追加する

統合について詳しくは、以下を参照してください。 AWS Lambdaデータアクション統合について

データアクションは403エラーを返します。 

  • サービスアカウントの関数にcloudfunctions.functions.call権限がありません。
  • 関数名が誤っています。
    • エラーメッセージの関数名を確認してください。 関数名が正しくない場合は、リクエストURLテンプレートで関数名を修正してください。 詳細については、 Google Cloud Platformを構成する.
  • 発信者は顧客データにアクセスできません。
  • リクエストの認証スコープが不十分でした。

統合の詳細については、 Googleデータアクションの統合について.