スケジュール表示オプションをカスタマイズする

日別表示および日付範囲別表示では、過去のスケジュールの情報をスケジュールエディタに表示する方法をカスタマイズできます。

  1. 管理をクリックします。
  2. 下人員管理 、クリックスケジュール.
  3. 右上隅にある 管理ユニット リストと 希望する管理単位を選択してください。
  4. スケジュールエディタを開くには、次のいずれかを実行します。
    1. 新しいスケジュールを作成してください。
    2. エージェントを追加したいスケジュールを検索し、それをリストから選択します。
  5.  アクションを選択 メニューをクリックし 表示オプションを選択してください。 [表示オプション]ダイアログボックスが開きます。
  6. (オプション)アクティビティをドラッグアンドドロップしたときにアクティビティをスナップして特定の分の時間にシフトするには スナップスナップ分 次に上下の矢印を使用して、5分単位で分を選択します。
  7. (オプション)[予定表と予測]領域に予測行を表示するには、 予測を表示を有効にします。
  8. (オプション)[予定表と予測]領域に予測行を縮小して表示するには、 収縮予測を表示を有効にします。
  9. (オプション)スケジュール領域に順守情報を表示するには、 順守を示す有効にします。 
     メモ:   スケジュールエディタで順守情報を表示する方法の詳細については、 スケジュールエディタで順守情報を表示するをご参照ください。
  10. (オプション)スケジュール領域に順守情報を表示することを選択した場合、現在の時間に近い順守を表示するときに発生する可能性があるスケジュール順守の不確実性も表示するには、 遵守の不確実性を示すをご参照ください。
     メモ:   このオプションを有効にすると、すべてのエージェントの順守データが最近どれくらい最近のものであるかが識別され、紫色の縦線で識別されます。 また、データの更新が遅れるためにまだ不確実と見なされている実際の活動も示しています。これらのアクティビティはスケジュール表示では淡色表示されます。
  11. (オプション)値がしきい値より低い場合に順守率が赤で表示されるように指定するには、次の手順を実行します。
    1. 順守率の強調表示しきい値 を選択し上下の矢印を使ってパーセンテージを選択します。
    2. スケジュールエディタで、特定のエージェントをクリックして展開し、例外とそれらを生成したアクティビティを表示します。