BYOC Cloudの下にトランクを作成する

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

「外部トランク」ページには2つのセクションがあります。 上部セクションには、外部トランクに必要な基本設定が含まれています。 下部の 外部トランク構成 見出しには、外部トランク構成を絞り込むために使用できるその他の設定が含まれています。 このページでは、これらの他の設定を展開可能なセクションに分類します。

Genesys Cloudでは、この記事で説明する基本的なBYOC Cloudトランク設定に頼ることを推奨します。 ただし、キャリアにその他の要件がある場合は、[外部トランク構成] セクションの追加設定を使用して外部トランク構成を絞り込むことができます。

BYOCトランクには2種類あり、電話システムの設定方法に応じて選択できます。 各トランクタイプには、そのトランクタイプに必要な設定を絞り込むためにデザインされたサブタイプもあります。 BYOC PBXトランクタイプの場合、サブタイプは1つだけです。 BYOCキャリアトランクタイプの場合、次の2つのサブタイプがあります。 1 つは、ほとんどのキャリア構成に使用できる一般的なサブタイプです。 もう1つは、Verizonがキャリアである場合に使用するVerizon固有のサブタイプです。

[外部トランク] ページの設定の詳細については、以下を参照してください。 外部トランク設定.

外部トランクを設定する

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 テレフォニークリック トランク。
  3. クリック 外部トランク タブ 。
  4. [新規作成] をクリックします。 
  5. に 外部トランク名、 トランク名を入力します。
  6. [ 種類 で、作成するBYOCクラウドトランクのタイプとサブタイプを選択します。
  • タイプ
    • 選択する BYOCキャリア 最初のリストから。
    • 次のいずれかを選択します。 一般BYOC運送業者 又は Verizon BYOCキャリア 2番目のリストから選択します。
  • タイプ
    • 選択する BYOC PBX 最初のリストから。
    • 選択する 一般的なBYOC PBX 2番目のリストから
  1. セット トランクの状態稼働中.
  2. から適切なトランク転送プロトコルを選択します。 プロトコル リスト。

詳細については、 トランク転送プロトコルを選択するをご覧ください。

  1. 以下 インバウンド/ターミネーション トランクのサブタイプに適切な設定を構成します。
  • 識別子を 受信 SIP 終了識別子ボックス。
    • 受信 SIP 終端識別子は、地域固有の識別子で設定される静的コンフィグレーションです。 この識別子は、サードパーティ製のPBXから組織にトラフィックを送信するために使用されます。
  • ヘッダを 受信SIP終端ヘッダ ボックス。
    • 受信SIP終端ヘッダーは、Genesys Cloudへの着信呼び出しの終端識別子値を含むカスタムフィールドです。

  • 識別子を 受信 SIP 終了識別子ボックス。
    • 受信 SIP 終端識別子は、地域固有の識別子で設定される静的コンフィグレーションです。 この識別子は、外部キャリアから組織にトラフィックを転送するために使用されます。
  • ヘッダを 受信SIP終端ヘッダ ボックス。
    • 受信SIP終端ヘッダーは、Genesys Cloudへの着信呼び出しの終端識別子値を含むカスタムフィールドです。

注意: インバウンドSIPターミネーションヘッダーフィールドはオプションです。 このフィールドは、FQDN、TRGP、SIPDNISなどの標準の識別方法が利用できない場合にのみ使用してください。

  • 識別子を 受信 SIP 終了識別子ボックス。
    • 受信 SIP 終端識別子は、地域固有の識別子で設定される静的コンフィグレーションです。 この識別子は、Verizon から組織にトラフィックを送信するために使用されます。
  • The インバウンドSIPターミネーションヘッダー ボックスは、Verizon固有のヘッダーで事前構成されています。

  1. インバウンドSIPターミネーションIDにFQDNまたはTGRP形式のいずれも使用できない場合は、有効にします。 DNIS置換ルーティング

詳細については、 インバウンド/終了 設定については、を参照してください BYOCクラウドトランクのSIPルーティングを構成する

  1. アウトバウンド、 に適切な識別子を入力します アウトバウンドSIPターミネーションアウトバウンドSIPTGRP属性、 と アウトバウンドSIPDNIS アウトバウンドリクエストURIを設定するためのボックス。

詳細については、 アウトバウンド 設定については、を参照してください BYOCクラウドトランクのSIPルーティングを構成する

  1. 任意を指定するには SIPサーバーまたはプロキシ に値を入力します ホスト名またはIPアドレス ボックス、ポート番号 ボックスをクリックし、をクリックします プラス 。 
  2. 適切なものを選択してください ダイジェスト認証 設定
    • ダイジェスト認証を有効にする場合は、関連する レルム、および ユーザー名、および パスワード を認証資格情報として使用します。
  3. 呼び出し、を指定します 発信者ID 発信者名 トランクに使用してから 優先発信者の選択 発信者ID情報を着信者に表示する場所と順序を指定します。

詳細については、を参照してください。 優先発信者選択機能を使用して、発信者ID情報を設定します

  1. SIPアクセス制御、SIPアクセスを許可するIPアドレスまたはCIDRアドレスのリストを作成できます。 これを行うには、アドレスを入力してクリックします プラス
  2. BYOC PBXトランクを構成している場合は、 PBXパススルー 設定。
    • PBXがPSTN向けの通話をGenesysCloudを介して直接通過できるようにする場合は、この設定を有効にします。
  1. Verizon BYOC Carrierトランクサブタイプを構成している場合は、Verizon固有の設定をいくつか構成する必要があります。 カスタムSIPヘッダー セクション。

  • 以下 外部トランク構成[ プロトコール セクション。
  • 以下 送信」の カスタムSIPヘッダー Verizon固有の3つの ヘッダ:
    • X-VZ-CSP-ドメイン
    • X-VZ-CSP-顧客-識別子
    • X-VZ-CSP-レッグタイプ
  • Verizonの担当者と協力して、 X-VZ-CSP-DomainおよびX-VZ-CSP-Customer-Identifierヘッダー用のボックス。
  • X-VZ-CSP-Leg-Typeヘッダーの値ボックスには、「agent」の値が自動的に入力されます。このボックスはそのままにしておきます。

詳細については、を参照してください。 カスタムSIPヘッダーを構成する

  1. クリック 外部トランクを保存します。