連絡先リストのフィルタ条件の概要

連絡先リストフィルタを作成または編集するときは、ダイヤルする連絡先のサブセットを決定するためにキャンペーンが評価する条件と条件グループを定義します。

条件グループ

A 条件グループ すべて一致しなければならない条件を組み合わせます(そして)または1つだけに一致(または)連絡先にダイヤルするための基準を満たす。

  • 少なくとも1つの条件グループを作成してください。
  • (オプション)条件グループ内に複数の条件を作成します。 そのグループの条件に対して1つの演算子タイプを指定してください。
     メモ:   連絡先リストフィルタには、最大10個の条件を追加できます。
  • (オプション)複数の条件グループを作成します。 すべての条件グループに対して1つの演算子タイプを指定してください。 

条件

NS 調子 評価する連絡先リストの列、演算子(評価する方法)、および一致する値のタイプが含まれます。 たとえば、連絡先リスト内のすべての連絡先に、(演算子)317(値)で始まるセル番号(連絡先リストの列)をダイヤルします。

条件演算子

条件演算子は、文字列(テキスト)、数値(数値)、または日付(相対時間)を評価します。 

演算子    説明
次で始まる
  • 連絡先列の値が特定の文字列で始まることを評価します。 
  • 必須: 英数字の値。 
  • 例:  状態はIで始まります。 
    • 一致します: イリノイ、インディアナなど
次の値を含む
  • 連絡先列に特定の文字列が含まれていることを評価します。 
  • 必須: 英数字の値。 
  • 例:  状態にはsが含まれます。 
    • 一致します: イリノイ、アーカンソー、 NS。
次で終わる
  • 連絡先列の値が指定された文字列で終わることを評価します。 
  • 必須: 英数字値
  • 例:  状態はで終わります。
    • 一致します: アイオワ、インディアナ、 NS。
  • 連絡先列の値が指定された文字列と等しいことを評価します。 
  • 必須: 英数字値
  • 例:  州はインディアナ州です。
    • 一致します: インディアナ州
次の範囲内
  • 連絡先列の値が特定の値の範囲内にあることを評価します。 
  • 必須: 最小英数字、最大英数字
  • 最小値は最大値より小さくなければなりません
  • 最小値と最大値を含めることも含めないこともできます
  • 例:  例州はアラバマ州とカリフォルニア州の間にあり、カリフォルニアは含まない。
    • 一致します: アーカンソー、アリゾナ、アラバマ
    • 一致しません: インディアナ州カリフォルニア
次のセットに含まれる
  • 連絡先列の値が指定された値の1つに等しいことを評価します。 
  • 必須: 英数字の文字列値のリスト
  • 例:  州はカリフォルニア州インディアナ州にあります
    • 一致します: インディアナ州カリフォルニア
    • 一致しません: イリノイ、アリゾナ

 メモ:   注意:セット内のテキスト演算子に値を入力するときは、 入る 各値の間 リスト全体を一度に入力することはできず、リストをフィールドに貼り付けることはできません。

演算子    説明
指定の値に等しい
  • 連絡先列の値が数値と等しいことを評価します。
  • 必須: 数値
  • 例:  市外局番は46074です
    • 一致します: 46074
は次より大きい
  • 連絡先列の値が数値より大きいことを評価します。
  • 必須: 数値
  • 例:  MoneyOwedが500を超えている
    • 一致します: 501
    • 一致しません: 500
は次より小さい
  • 連絡先列の値が数値より小さいことを評価します。
  • 必須: 数値
  • 例:  MoneyOwedは500未満です
    • 一致します: 499
    • 一致しません: 500
は次より大きいか等しい
  • 連絡先列の値が数値以上であることを評価します。
  • 必須: 数値
  • 例:  例:MoneyOwedが500以上
    • 一致します: 500、501
    • 一致しません: 499
は次より小さいか等しい
  • 連絡先列の値が数値以下であることを評価します。
  • 必須: 数値
  • 例:  MoneyOwedが500以下
    • 一致します: 500、499
    • 一致しません: 501
次の範囲内
  • 連絡先列の値が数値範囲内にあることを評価します。
  • 必須: 必要なもの:最小数値、 最大数値
  • 最小値は最大値より小さくなければなりません
  • 最小値と最大値を含めることも含めないこともできます
  • 例:  例:MoneyOwedは500から5000の間で、5000を含みません。
    • 一致します: 500、700、1000、4999
    • 一致しません: 5000、10000
次のセットに含まれる
  • 連絡先列の値が数値リストの1つと一致することを評価します。
  • 必須: 数値リスト
  • 例:  郵便番号は46074、61550、76483、93838です。
    • 一致します: 46074, 61550, 76483, 93838

演算子    説明
次の値以前
  • 連絡先列の値が特定の時間より早いことを評価します。
  • 必須: 期間値または ISO8601形式の日付値 
  • 例:  例:LastContactTimeは過去2日より前です。 (過去2日間に連絡がなかったカスタマーに連絡します
    • 一致します: 2日以上前のいつでも。
次の値以降
  • 連絡先列の値が指定された時間より後であることを評価します。
  • 必須: 期間値または ISO8601形式の日付値
  • 例:  例:PaymentDueDateは将来2日以上経過しています。 (少なくとも2日後に支払いが必要なすべての人から支払いを受け取りたい)
    • 一致します: 2日以降のいつでも。