カスタムSIPヘッダーを構成する

前提条件

  • テレフォニー > プラグイン > すべて 許可

BYOCクラウドトランクを構成すると、次のことができます。 カスタムSIPヘッダーパネルを使用して、カスタムSIPヘッダーを指定します。 追加するSIPヘッダー情報は、Generic BYOC Carrierトランク、Generic BYOC PBXトランク、またはGenesys CloudBYOCVerizonトランクのいずれを構成しているかによって異なります。

構成しているBYOCクラウドトランクのタイプに関係なく、[カスタムSIPヘッダー]パネルで指定したヘッダーは、トランクで送信されるすべてのコールのSIPINVITEに接続されます。 ヘッダーを追加するときは、必要な数のヘッダーを追加できます。 

詳細については、 外部トランク設定

注意: カスタムSIPヘッダー名をx-inin,x-genesys,x-pcv, またはx-gcv で始めないでください。 Genesys Cloudはこれらの接頭辞を持つヘッダーを内部的に使用します。 これらの接頭辞を持つヘッダを定義すると、内部ヘッダと衝突し、予期せぬ動作をする可能性があります。

BYOCキャリア/汎用BYOCキャリアトランクまたはBYOCPBX/汎用BYOCPBXトランクを選択した場合 SIPデバイスでは、通話を正しく処理するために追加情報が必要です。[カスタムSIPヘッダー]パネルを使用して、カスタムSIPヘッダーを追加できます。 

カスタムSIPヘッダーを追加するには:

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 テレフォニークリック トランク。
  3. クリック 外部トランク タブ。 
  4. リストから、構成する外部トランクを選択します。
  5. 外部トランク設定下のプロトコルをクリックします。
  6. アウトバウンド、 カスタムSIPヘッダーを追加します。
  7. にヘッダー名を入力します ヘッダ 箱。
  8. にヘッダー値を入力します 価値 箱。
  9. クリック 追加 . 
  10. クリック 外部トランクを保存します。 

BYOC Carrier / Genesys Cloud BYOC Verizonを選択すると、カスタムSIPヘッダーセクションは、Verizon用の3つのカスタムヘッダーで事前構成されます。

X-VZ-CSP-ドメイン
X-VZ-CSP-顧客-識別子
X-VZ-CSP-レッグタイプ

X-VZ-CSP-Domain と X-VZ-CSP-Customer-Identifier ヘッダーの Value ボックスに入力する正しい値については、Verizon の担当者と相談してください。

X-VZ-CSP-Leg-Typeヘッダーの[値]ボックスには、「エージェント」の値が自動的に入力されるため、このボックスはそのままにしておきます。

カスタマイズされた値をVerizonSIPヘッダーに追加するには:

  1. 管理をクリックします。
  2. 下 テレフォニークリック トランク。
  3. クリック 外部トランク タブ。 
  4. リストから、設定する外部トランク選択します。
  5. 外部トランク設定下のプロトコルをクリックします。

注意: アウトバウンドの下で、 カスタムSIPヘッダーセクションにはすでにVerizon固有の情報が含まれていることに注意してください。

  1. のヘッダー名は変更しないでください ヘッダ ボックス。
  2. にヘッダー値を入力します 価値 X-VZ-CSP-Domainヘッダーのボックス。
  3. にヘッダー値を入力します 価値 X-VZ-CSP-Customer-Identifierヘッダーのボックス。
  4. Genesys Cloud は X-VZ-CSP-Leg-Type ヘッダー i のValue ボックスをagent の値で自動的に埋めるので、このボックスはそのままにしてください。
  5. クリック 外部トランクを保存します。 

注意: 必要であれば、SIPヘッダーを追加することができます。