デジタルボットのフローアクションを呼び出す

前提条件

  • Genesys Cloud 1、Genesys Cloud 2、またはGenesys Cloud 3ライセンス
  • 建築家>UI(UI)>表示
  • 建築家> 流量>追加、表示、編集、削除
  • 言語理解 > すべて

デジタルボットフローの呼び出し」アクションを使用して、新しいGenesysデジタルボットフローを作成するか、既存のGenesysデジタルボットフローをメッセージフローに統合します。

Call Digital Bot Flowアクションにアクセスするには、以下の手順に従います。

  1. 既存のメッセージフローを開くか、新規に作成します。
  2. 既存の状態またはタスクをクリックするか、新しい状態またはタスクを作成します。 
  3. アーキテクトツールボックスから、Call Digital Bot Flow アクション をエディタにドラッグします。
  4. 設計に従ってアクションを設定します。

画像をクリックして拡大します。

DBFメッセージフロー例

コールデジタルボットフローのアクション設定

名前    説明
名前 Call Data Actionの識別名を入力します。 ここで入力したラベルは、フロー構造に表示されるアクションの名前になります。
デジタルボットの流れ

フローで使用する既存のデジタルボットのフローを選択します。 

  • 既存のボットを呼び出すには、Select a Digital Bot flowをクリックし、使用するボットを選択します。
  • 既存のボットフローを選択した場合、フローを開いて変更するには、 Edit をクリックします。
  • 宛先 新しいボットの作成、をクリックします。 追加.
バージョン

最新版を使用するか、過去に公開されたものを使用するかを選択します。 デフォルトでは、最も新しく公開されたバージョンが選択されます。

ボット入力テキスト

ボットフローの最初の Ask アクションでボットが処理する最初の発話を提供します。

実行結果

終了理由 ボット フローが終了する原因を示します。 を参照してください 実行結果: 終了理由 詳細については、セクションを参照してください。

意図 実行時にボットフローから戻ります。 フローがインテントを検出しない場合、インテント設定でバインドされた変数は、実行時にデフォルトでNOT_SET文字列になります。

この表では、ボット フローを終了する理由について説明します。 

エラー 理由
トリガされたフロー ボットのビジネスルールでは、セルフサービスを継続することは不可能であると指示されました。 を ボット フロー アクションの終了 ボットフローの適切な場所に移動します。
エージェント要求者ユーザー エンドユーザーは、特に人間の代理人と話すように頼みました。
エラー。* [エラー] で始まる理由コードは、Bot フローのエラーを示します。 テキストの残りの部分では、エラーの性質に関する詳細情報を提供します。 例については、以下のエントリを参照してください。
Error.Expression.DivideByZero 式の 1 つで、算術計算を実行するときに、0 で除算しようとしました。
Error.Expression.DataType 式の1つが、間違ったデータ型を含む値を返しました。 たとえば、式は整数を返す必要がありますが、実際には文字列を返します。
Error.Expression.IndexOutOfBounds

表現の1つが、存在しないコレクションのアイテムを参照しようとしました; たとえば、4 つのアイテムのみを含むコレクションのアイテム 4 を参照します。 

 メモ:   注: 最初のアイテムのコレクションインデックスはゼロから始まります。

Error.Expression.ValueNotSet 式の1つが、 、または が を返しました 値。
Error.Expression.NumericOverflow 式の 1 つで、数値を加算、減算、または乗算するとき、そのデータ型で許可されている最大値より大きい(正または負)値が作成されます。 たとえば、「System.MaxInt」および「System.MinInt」を参照してください。
Error.Expression.StringOverflow 式の 1 つが、許可されている文字数を超える文字列値を作成しようとしました。
エラー。ターンあたりのアクションが多すぎます フローには、ユーザ入力を要求したり、ユーザに情報を中継したりするために停止せずに実行するループがあります。 現在のターンあたりの最大アクション数は 1000 です。
 エラー。ターン数が多すぎます フローでは、1回のセッションで何度もユーザー入力を要求したり、ユーザーに情報を中継したりしました。 現在のセッションあたりの最大回転数は200です。
エラー。MaxRecursiveTaskDepthReached フローには再利用可能なタスクがあり、そのタスク内で、 タスクアクションの呼び出し 同じタスクを再度呼び出す。 タスクがそれ自体を呼び出すことができる現在の最大回数は5回です。
エラー。不明目的:  A 意図的アクションの設定 存在しないインテントの名前を指定しました。
エラー。無効な入力変数です。<variablename> ボットフローを起動する場合; たとえば、着信通話フローまたは着信チャットフローから、ボットフロー入力変数の 1 つに対して渡された無効な値。
エラー。無効な確認モード 「Ask for ..」アクションの確認モードを設定するために使用される式は、無効な値を返しました。 式は「常に」または「決して」を返します。
認識失敗。*

[認識失敗] で始まる理由コードは、ボットが特定の [.. を尋ねる] アクションでエンド ユーザーに数回試行させたことを示します (たとえば、[スロットを求める]、[意図を尋ねる] など)。ただし、すべての試行後もボットが適切な回答を検出できませんでした。

残りのテキストには、なぜ表彰が失敗したのかについての詳細が記載されています。 理由文字列の最後に「確認」がある場合は、ボットがインテントまたはスロット値の確認を要求したときに、エンドユーザーの最後の(失敗した)試行が発生したことを示します。 理由文字列の最後に「Collection」が存在する場合は、ボットがそのアクションについて「メイン」の質問をしたことを示しています。 例については、以下のエントリを参照してください。

RecognitionFailure.MaxNoMatches.Collection ボットはメインの質問を数回行い、ユーザーが音声またはテキスト入力で応答するたびに、ボットは理解できませんでした。 この動作は「入力なし」と呼ばれます。 何度か一致しなかった後、ボットは中断し、終了しました。
RecognitionFailure.MaxNoInputs.Confirmation ボットは確認質問を数回行い、毎回、ユーザーは黙っているままでした。 この動作は「入力なし」と呼ばれます。 何度か入力がないと、ボットは中断し、終了しました。
RecognitionFaliure.MaxNoToConfirms(RecognitionFaliure.MaxNoToConfirms) エンドユーザーは、1回の操作で確認質問に「いいえ」と答えました。
RecognitionFailure.MaxTurns(RecognitionFailure.MaxTurns 「入力なし」、「一致なし」、「確認に「いいえ」の合計は、1回のアクションでは高すぎます。 この動作は、ユーザー エクスペリエンスが悪いことを意味するため、ボットは中断し、終了しました。 
RecognitionFailure.AllOptions拒否 ボットが特定のインテントまたはスロット値を確認するときにエンドユーザーが「いいえ」と言うと、ボットは現在のアクションを終了するまで同じインテントまたはスロット値を認識または確認しようとしません。 考えられるインテント(またはスロット値)が少数存在し、ユーザーがそれらすべてに「いいえ」と言った場合、ボットはこの理由コードで終了します。