自動タイムゾーンマッピングの例


連絡先リストがに設定されている場合 自動タイムゾーンマッピングシステムは電話番号と郵便番号の列の値を評価して、各連絡先の対応ダイヤル時間を決定します。

先端: 上の自動タイムゾーンマッピングのデフォルトダイヤルウィンドウをオーバーライドできますデフォルト 送信設定 画面。

次の表は、2つの電話番号と郵便番号を含むレコードを評価するときのシステムの動作を示しています。

郵便番号  電話番号1 電話番号2 準拠ダイヤル時間
マッピングできませんでした マッピングできませんでした マッピングできませんでした 02:00 午後 に 08:00 午後 東部標準時(デフォルト) 
マッピングできませんでした 東部時間 マッピングできませんでした 02:00 午後 に 08:00 午後 東部標準時(デフォルト) 
利用不可 中心時間 東部時間

09:00 午前 に 09:00 午後 東部時間または
08:00 午前 に 08:00 午後 中心時間

山の時間 中心時間 東部時間 10:00 午前 に 09:00 午後 東部時間または
09:00 午前 に 08:00 午後 中央時間または
08:00 午前 に 07:00 午後 山の時間
利用不可 マッピングできませんでした 中心時間 08:00 午前 に 09:00 午後 中心時間
中心時間 マッピングできませんでした 中心時間 08:00 午前 に 09:00 午後 中心時間
中心時間 中心時間 中心時間 08:00 午前 に 09:00 午後 中心時間
中心時間 マッピングできませんでした マッピングできませんでした 02:00 午後 に 08:00 午後 東部標準時(デフォルト) 
利用不可 中心時間 中心時間 08:00 午前 に 09:00 午後 中心時間
  • マップできませんでした(郵便番号)=米国の郵便番号ではありません。
  • マップできませんでした(電話番号)=有効なNANP番号ではないため、システムは電話番号列の値をマップできませんでした。
  • 使用不可=連絡先リストに郵便番号列が含まれていないか、連絡先の郵便番号列の値が空白です。
注意: システムは、準拠ダイヤル時間が終了する1分前にダイヤルを停止して、レコード処理を完了するためのバッファを確保します。