認証されたWebメッセージング属性

認証されたWebメッセージングでは、認証されたユーザーのみがエージェントとのWebメッセージングセッションを開始できます。 これらは 認証済み ユーザーは、Webメッセージを送信する前に、Webサイトにログインする必要があります。

認証済み Web メッセージング を設定した後、Architect の受信メッセージフローでこれらの既存の組み込み変数にアクセスできます。これらの変数には、認証済みユーザー属性がOpenId Connect Reference で標準の請求として定義されているものが格納されています。

名前 タイプ コレクション? 読み取り専用?    説明
Message.IsAuthenticated ブール型 いいえ はい メッセージが認証されているかどうかを示す値を返します。 メッセージがキューに入ったときに認証が要求された場合はTrue。それ以外の場合はfalse。
Message.Message.senderAddressInfo.addressDisplayable 文字列  いいえ はい エンドユーザーに関連する一意の識別子。 サブ クレームで第三者認証プロバイダによって提供されます。
メッセージ.Message.senderAddressInfo.email 文字列  いいえ はい エンドユーザーのメールアドレスです。 電子メール の請求において、第三者認証プロバイダによって提供される。
Message.Message.senderAddressInfo 文字列  いいえ はい エンドユーザーのフルネーム。 サードパーティ認証プロバイダから提供される。 このアドレスは、given_namefamily_name のクレームを連結して構築されています。