シリーズ: メールルール

メールルールの概要


Eメールルールにより、管理者およびコンタクトセンターの管理者は、事前定義された基準に基づいてEメールフローが実行する特定のアクションを柔軟に定義できます。 Architectは実行時にこれらの条件を評価し、それに応じてEメールをルーティングします。 これらのルールビルダーには式を生成するためのオプションも含まれています。

規則はAND演算子で結ばれています。条件が満たされる前に、指定されたすべての規則が満たされる必要があります。これらの規則はOR演算子を使用しません。ただし、式の生成機能を使用すると、手動で式を調整できます。

メールビルダー

Eメールビルダーを使用して、Eメールプロパティに基づいてオプションを指定して式を作成します。

プロパティ 説明
Eメールの本文をチェック Eメールの本文に指定の文字列値が含まれているかどうかを確認します。
Eメール送信者のドメインをチェック 送信者のEメールアドレスのドメイン部分に指定された文字列値が含まれているかどうかを確認します。例えば、 " ;example.comからjohn.doe@example.com」
Eメール送信者の名前をチェック 送信者のEメールアドレスのローカル部分に指定された文字列値が含まれているかどうかを確認します。例えば、 " ;john.doeからjohn.doe@example.com」
Eメールの件名または本文をチェック Eメールの件名または本文に、指定された文字列値が含まれているかどうかを確認します。
Eメールの件名が指定文字列を含む Eメールの件名に指定の文字列値が含まれているかどうかを確認します。

:前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: Eメールルールを作成する