シリーズ: メールルール

Eメールルールを作成する


ArchitectはEメールフローに関連付けられているルールを評価し、事前定義された条件に基づいてルーティングを決定します。組み込みのEメールビルダーを使用すると、既定のオプションから選択できます。


  1. 既存のEメールフローを開くか、新しいものを作成します。
  2. をドラッグ 決定 フロー内の適切な場所へのアクション。
  3. 必要に応じてアクションに名前を付けます。
  4. 、 クリック 関数 ボタンを押して選択 Eメールビルダー。[Eメールビルダー]ダイアログボックスが開きます。
  5. Eメールルールを作成するには、をクリックします。 Eメール 次のいずれかの既定のオプションを選択します。
    • Eメールの本文をチェック
    • Eメール送信者のドメインをチェック
    • Eメール送信者の名前をチェック
    • Eメールの件名または本文をチェック
    • Eメールの件名が指定文字列を含む
  6. 追加したシーケンス項目で、をクリックします。 値を入力 そしてルールにチェックさせたい文字列を追加します。
  7. ルールに追加する追加のシーケンス項目ごとに手順5〜6を繰り返します。
  8. Email Builderによって生成された式を表示するには、をクリックします。 生成された表現を表示
  9. [式の編集]ダイアログを開き、さらに式を絞り込むには、[]をクリックします。 カスタム表現に変換
    注意注:カスタム式に変換することを選択した場合、Architectは生成された式を保存します。ただし、Email Builderに戻ると、Architectによって式がリセットされ、変更内容が失われます。
  10. クリック 保存する




メールルールの概要 :前回のおすすめ記事 次のおすすめ記事: