前提条件

  • 以下のいずれかを展開する。

概要

あなたがウェブサイトを追跡するGenesys Predictive Engagement を使用すると、Web でのやり取りの履歴をキャプチャできます。 この履歴には、顧客が Web サイトにアクセスして操作したすべての時間と方法が含まれます。

お客様がウェブサイトにアクセスするたびに、新しいウェブセッションが開始されます。 Webセッションは、お客様が20分以上非アクティブの状態になると終了します。

ウェブサイト上の連絡先を確認する方法

顧客があなたのウェブサイトにアクセスすると、Cookie を使用して本人確認を試みます。 Cookie が利用できない場合は、電話や電子メールなど、Web サイトを通じて収集した識別子を使用して本人確認を試みることができます。

注意:
  • 認証に成功するには、E164形式の電話番号が必要です。
  • Predictive Engagementは、TTLが60日のGenesysのCookieから一時的なコンタクトを作成します。 エージェントは、エージェントデスクトップのプロファイルタブで、電子メールアドレスや電話番号などの追加情報を持つコンタクトを保存することができます。

トラッキングスニペット をウェブサイトに展開し、Journey JavaScript SDK を使用して、顧客がウェブサイトにいる間に顧客の個人データを取得した場合、当社が顧客を特定することが可能です。 

該当する顧客レコードがあることが確認できない場合、セッションカードには顧客名が「不明」と表示されます。

ウェブセッションの種類

各ウェブセッションには、あらかじめ定義されたウェブセッションタイプを割り当てます。 このタイプは変更できません。

ウェブイベント

顧客がウェブサイトをナビゲートすると、Genesys Predictive Engagementはウェブセッション中の顧客のアクティビティについて以下のデータを収集します。 エージェントは、この情報をウェブセッションカードで確認することができます。 このデータを使って、セグメントアウトカムアクションマップ を作成し、将来のビジタージャーニーを編成することができます。

課金目的のWebイベントトラッキングの詳細については、Billing and usage を参照してください。

ウェブセッションカード

エージェントは、ウェブセッションごとに個別のセッションカードを見ることができます。 セッションカードには

  • タイトル
  • アイコン
  • 接続時間
  • 現在のページ
  • セッション情報
  • 旅先の地図
  • 実行済みの検索
  • セッション中にマッチングしたセグメント
  • セッションで得られた成果

エージェントがイベント情報を見る場所

エージェントは、セッションの詳細を表示する際に、イベントに関連するデータをジャーニーマップで確認します。 次の画像は、ウェブセッションの様子を示しています。 左側にはお客様が閲覧したページが表示され、カスタマージャーニーマップにはセッション中に発生した具体的なイベントが表示されます。 地図上のアイコンの上にマウスを置くと、ツールチップで詳細が表示されます。