監査ログビューアで人員管理スケジュールの変更を表示

前提条件
  • Routing > Queue > View の権限が割り当てられたユーザーの役割

スケジュール、予測、履歴データのインポート、または作業計画に対してユーザーが実行するアクションにより、監査ログビューアーにデータが追加されます。 ここでは、監査機能を使用して、スケジュール、予測、履歴データのインポート、または作業計画を誰が作成および変更したかを確認できます。

  • スケジュール: 誰がスケジュールを作成または変更したか、実行されたアクション、誰がスケジュールを公開または非公開にしたか、および変更が発生した日付を確認します。
  • 履歴データのインポート 履歴データのインポートをアップロード、処理、またはパージしたユーザー、実行されたアクション、および変更が発生した日付を確認します。
  • 予測と作業計画: 誰が予測または作業計画を作成または変更したか、実行されたアクション、および変更が発生した日付を確認します。
  • 休暇申請 誰がタイムオフリクエストを作成または変更したか、実行されたアクション、リクエストの詳細、および変更が発生した日付を確認します。
  • シフトの交換: 誰がシフトトレードを作成または変更したか、実行されたアクション、シフトトレードの詳細、および変更が発生した日付を確認します。

ノート: 
  • 監査ログビューアは、保存された変更のみをログに記録します。
  • 監査ログビューアには、保留中または失敗したアクションは表示されません。

監査ログビューアを開く

  1. 必ずワークフォースマネジメントビジネスユニットを選択してください。
  2. スケジュールエディタを開くには、次のいずれかを実行します。
    • [管理]メニューの[ トラブルシューティング、 クリック 監査ビューア
      この手順により、ページ全体のビューアが開きます。これにより、個々の行をクリックして、監査エントリの詳細を表示できます。 
    • 管理メニューまたは従業員管理ビューの下部にあるをクリックします 監査フッターを表示する 右下隅にあります。
      この手順により、監査ログビューアの小さなバージョンが開きます。 監査ログイベントを表示するには、サービスフィルターを選択します。 

スケジュール編集の詳細を表示する

  1. クリック フィルター。
  2. クリック サービス 選択します 労働力管理
  3. クリック 実在物 次の手順を実行します。
    1. クリック エンティティタイプ 選択します スケジュール
    2. をクリック エクスポート 次のいずれかを選択します。
      • 作成
      • 削除
      • 発行
      • 発行を無効化
      • 更新
    3. (オプション) エンティティID ボックスに、検索を絞り込むための識別メトリックを入力します。
  4. (オプション)クリック 他の そして、検索をフィルタリングするための次のメトリックのいずれかを入力します。
    • ユーザー ID
    • 受託組織 ID
    • クライアント ID
  5. フルページビューアで、エントリをクリックして詳細を表示します。 

履歴データのインポートに関する詳細を表示する

  1. クリック フィルター。
  2. クリック サービス 選択します 労働力管理
  3. クリック 実在物 次の手順を実行します。
    1. クリック エンティティタイプ 選択します 履歴データのインポート
    2. をクリック エクスポート 次のいずれかを選択します。
      • 処理済み
      • パージ
      • アップロード
    3. (オプション) エンティティID ボックスに、検索を絞り込むための識別メトリックを入力します。
  4. (オプション)クリック 他の そして、検索をフィルタリングするための次のメトリックのいずれかを入力します。
    • ユーザー ID
    • 受託組織 ID
    • クライアント ID
  5. フルページビューアで、エントリをクリックして詳細を表示します。 

      予測、シフトトレード、休暇申請、または作業計画の編集に関する詳細を表示する

      1. クリック フィルター。
      2. クリック サービス 選択します 労働力管理
      3. クリック 実在物 次の手順を実行します。
        1. をクリック エクスポート 次のいずれかを選択します。
          • 予測
          • シフト トレード
          • 休暇申請
          • 作業計画
        2. をクリック エクスポート 次のいずれかを選択します。
          • 作成
          • 削除
          • 更新
        3. (オプション) エンティティID ボックスに、検索を絞り込むための識別メトリックを入力します。
      4. (オプション)クリック 他の そして、検索をフィルタリングするための次のメトリックのいずれかを入力します。
        • ユーザー ID
        • 受託組織 ID
        • クライアント ID
      5. フルページビューアで、エントリをクリックして詳細を表示します。

      監査ログの日付と時刻の範囲を設定します

       メモ:   注意:当日のデータはデフォルト表示されます。
      1. 別の日のデータを表示するには、日付範囲の横にある矢印をクリックします。
      2. 別の日付間隔を設定するには、カレンダーの開始日と終了日をクリックします。
         メモ:   間隔は7日を超えることはできません。
      3. 別の時間間隔を設定するには、上をクリックします またはダウン 開始時刻と終了時刻を変更するための矢印。
      4. クリック 保存する。